設定パラメーターのリスト - 8.0

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

Version
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Stewardship
Content
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
Last publication date
2024-02-22

data-stewardship.propertiesファイル内のすべてのパラメーターは、Talend Data Stewardshipのインストール中にTalend Installerによってデフォルト設定されます。ただし、インストール環境に応じてカスタマイズすることもできます。

Talend Data Stewardshipのインストールと設定の詳細は、Talendインストールガイドをご覧ください。

パラメーター

説明

server.instance.id=0

Talend Data Stewardshipの現在のインスタンスの識別コード

spring.data.mongodb.host=<local machine ip>

spring.data.mongodb.port=27017

spring.data.mongodb.database=tds

pring.data.mongodb.username=tds-user

spring.data.mongodb.password=<randomly generated password>

MongoDB設定

frontend.url=http://<local machine ip>:19999/internal/frontend

backend.url=http://<local machine ip>:19999/internal/data-stewardship

schemaservice.url=http://<local machine ip>:8187/

historyservice.url=http://<local machine ip>:19999/internal/data-history-service

ゲートウェイの構成

kafka.broker=<local machine ip>:9092

Kafka接続

tds.security=iam

oidc.url=http://<local machine ip>:9080/oidc

oidc.userauth.url=http://<local machine ip>:9080/oidc

scim.url=http://<local machine ip>:9080/scim

Talend Data Stewardshipのシングルサインオンプロパティ

デフォルト値はiamです

Talendで必要とされない限り、これらのパラメーターは変更しないでください。

oidc.gateway.id=<randomly generated identifier>

oidc.gateway.secret=<encrypted password>

oidc.tds.id=<randomly generated identifier>

oidc.tds.secret=<encrypted password>

oidc.history.id=<randomly generated identifier>

oidc.history.secret=<encrypted password>

oidc.schema.id=<randomly generated identifier>

oidc.schema.secret=<encrypted password>

シングルサインオンのセキュリティ設定パラメーター

Talendで必要とされない限り、これらのパラメーターは変更しないでください。

tds.history.service.url=${historyservice.url}

tds.history.kafka.topic=${history.kafka.topic}

tds.cors.allowedOrigin=*

schema.service.url=${schemaservice.url}

tds.monitoring.service.url=${monitoringservice.url}

Talend Data Stewardshipのバックエンド構成

persistence=MONGO

history.kafka.topic=data-history

history.kafka.group=history-service

history.kafka.poll.timeout.ms=1000

history.kafka.max.poll.records=500

history.kafka.failures.directory=${java.io.tmpdir}/data-history-failures

履歴-Talend Data Stewardshipのサービス設定

schema.kafka.broker=${kafka.broker}

schema.kafka.enableAutoCommit=true

schema.kafka.resetConfig=latest

schema.security=${tds.security}

スキーマ-Talend Data Stewardshipのサービス設定

datatype.lucene.root.folder.tds=${catalina.base}/data/tds

datatype.lucene.root.folder.schema=${catalina.base}/data/schema

tds.dqDictionary.group

schema.dqDictionary.group

tsd.maven.connector.enabled=true

tsd.maven.connector.s3Repository.bucket-url=<place_minio_bucket-url_here>

たとえば、s3://talend-app-sharedとなります。

tsd.maven.connector.s3Repository.base-path=<place_minio_base-path_here>

たとえば、semantic-types-repositoryとなります。このプロパティはオプションなので、空にしておくこともできます。

tsd.maven.connector.s3Repository.username=<place_minio_username_here>

tsd.maven.connector.s3Repository.password=<place_minio_password_here>

tsd.maven.connector.s3Repository.s3.region=<place_minio_region>

たとえば、us-east-1となります。

tsd.maven.connector.s3Repository.s3.endpoint=<place_minio_server_url_here>

たとえば、https://minio-company.comとなります。

データクオリティサーバー構成

tsd.maven.connector.temporaryFolder=${catalina.base}/data: MinIOからLuceneインデックスをダウンロードして抽出するディレクトリー。

tsd.dictionary-provider.index-folder=${catalina.base}/data: Luceneインデックスを保存するディレクトリー。

セマンティックタイプの抽出に使われるフォルダーを定義するためのパラメーター。

tds.front.serverUrl=/data-stewardship

tds.front.schemaServiceUrl=/schemaservice

tds.front.monitoringServiceUrl=/monitoringservice

tds.front.semanticServiceUrl=/semantic service

tds.front.schemaServiceApiVersion=v1

tds.front.apiVersion=v1

tds.front.enableDebug=false

tds.front.pageSize=200

tds.locale=ja

Talend Data Stewardshipのフロントエンド構成

audit.log.enabled=true

talend.logging.audit.config=${catalina.base}/conf/audit.properties

監査設定