Talend Dictionary Serviceの設定パラメーター - 8.0

Talend Dictionary Service管理ガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Content
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理

data-quality.propertiesファイルとaudit.propertiesファイル内のすべてのパラメーターは、Talend Dictionary Serviceのインストール中にTalend Installerによってデフォルト設定されます。これらのパラメーターは、インストール環境に応じてカスタマイズできます。

Talend Dictionary Serviceのインストールと設定の詳細は、『Talend Installation Guides』を参照してください。

設定可能なdata-quality.propertiesパラメーター

パラメーター 説明
spring.cloud.stream.kafka.binder.brokers Kafkaサーバーホスト
spring.cloud.stream.kafka.binder.defaultBrokerPort Kafkaサーバーポート
spring.cloud.stream.kafka.binder.zkNodes Zookeeperサーバーホスト
spring.cloud.stream.kafka.binder.defaultZkPort Zookeeperサーバーポート
spring.cloud.stream.bindings.output.destination

spring.cloud.stream.bindings.category.destination

spring.cloud.stream.bindings.regEx.destination

Kafka上のチャネルの宛先
spring.cloud.stream.bindings.output.group

spring.cloud.stream.bindings.category.group

spring.cloud.stream.bindings.regEx.group

チャネルのコンシューマーグループ
spring.data.mongodb.host MongoDBサーバーホスト
spring.data.mongodb.port MongoDBサーバーポート
spring.data.mongodb.username MongoDBディクショナリーサーバーのユーザー名
spring.data.mongodb.password MongoDBディクショナリーサーバーのパスワード

パスワードは起動時に暗号化されます

spring.data.mongodb.database ディクショナリーサーバーデータベース名
spring.data.mongodb.uri MongoDBインスタンスの接続先となるURI。

URIを使ってMongoDBインスタンスに接続する場合は、次のパラメーターをコメントアウトする必要があります: spring.data.mongodb.hostspring.data.mongodb.portspring.data.mongodb.usernamespring.data.mongodb.passwordspring.data.mongodb.database

注: この設定パラメーターを使用できるのは、Talendが提供するTPS-4354パッチがインストールされている場合のみです。詳細は管理者にお問い合わせください。
spring.data.mongodb.ssl デフォルト値はfalseです。Secure Socket LayerプロトコルをMongoDBで使用する必要がある場合は、trueに設定します。
spring.data.mongodb.ssl.trust-store TrustStoreの場所
spring.data.mongodb.ssl.trust-store-password TrustStoreのパスワード

パスワードは起動時に暗号化されます

logging.level.org.talend org.talendパッケージのデフォルトのロギングレベル。レベルには、TRACEDEBUGINFOWARNERROR、およびFATALがあります。
spring.cloud.stream.kafka.binder.configuration.security.protocol Kafkaセキュリティプロトコル

デフォルト値はPLAINTEXTです。セキュアな接続を使用したい場合はSSLに設定します

spring.cloud.stream.kafka.binder.configuration.ssl.truststore.location KafkaのTrustStoreの場所
spring.cloud.stream.kafka.binder.configuration.ssl.truststore.password KafkaのTrustStoreのパスワード

パスワードは起動時に暗号化されます

spring.cloud.stream.kafka.binder.configuration.ssl.keystore.location KafkaのKeyStoreの場所
spring.cloud.stream.kafka.binder.configuration.ssl.keystore.password KafkaのKeyStoreのパスワード

パスワードは起動時に暗号化されます

spring.cloud.stream.kafka.binder.configuration.ssl.key.password Kafkaのキーのパスワード

パスワードは起動時に暗号化されます

spring.cloud.stream.kafka.binder.configuration.ssl.endpoint.identification.algorithm Kafkaエンドポイント

デフォルトでは空になっています。サーバーホスト名の検証を有効にする場合はHTTPを追加し、検証を無効にする場合は空のままにしておきます。

tdq.security テクニカルパラメーターは、Talendサポートから依頼されない限り変更しないでください。

ディレクトリーサーバーの認証モード

デフォルト値はiamです。認証モードを変更する場合は、NONEに設定します

oidc.url OIDCサーバーURL
scim.url SCIMサーバーURL
oidc.semanticservice.id テクニカルパラメーターは、Talendサポートから依頼されない限り変更しないでください。

OIDCアプリケーションID

oidc.semanticservice.secret テクニカルパラメーターは、Talendサポートから依頼されない限り変更しないでください。

OIDCアプリケーションのパスワード

パスワードは起動時に暗号化されます

iam.scim.url

security.scim.enabled

security.basic.enabled

security.oidc.client.expectedIssuer

security.oidc.client.keyUri

security.oauth2.client.clientId

security.oauth2.client.clientSecret

security.oauth2.resource.tokenInfoUri

security.oauth2.resource.tokenInfoUriCache.enabled

security.oauth2.client.access-token-uri

security.scim.cache.enabled

management.security.enabled

テクニカルパラメーターは、Talendサポートから依頼されない限り変更しないでください。

OIDCサービスとSCIMサービスへの接続を可能にするパラメーター

spring.http.multipart.max-file-size

spring.http.multipart.max-request-size

ディクショナリーサーバーにアップロードできる最大ファイルサイズ、およびサーバーが処理できる最大リクエストサイズ
audit.log.enabled デフォルト値はtrueです。Talend Dictionary Serviceで監査機能を無効にする場合はfalseに設定します。
talend.logging.audit.config 監査ロギング設定ファイルへのパス
tsd.enabled このパラメーターの値をtrueに設定すると、Talend Data PreparationTalend Data Stewardship (またはそのいずれか)とTalend Dictionary Serviceの間で情報をやり取りできます。
tsd.maven.connector.s3Repository.bucket-url お使いのMinIOかS3リポジトリーバケットのURLを入力します。
tsd.maven.connector.s3Repository.base-path お使いのMinIOかS3リポジトリーのベースパスを入力します。
tsd.maven.connector.s3Repository.username お使いのMinIOかS3リポジトリーのユーザー名を入力します。
tsd.maven.connector.s3Repository.password お使いのMinIOかS3リポジトリーのパスワードを入力します。
tsd.maven.connector.s3Repository.s3.region お使いのMinIOかS3リポジトリーのリージョンを入力します。
tsd.maven.connector.s3Repository.s3.endpoint お使いのMinIOかS3リポジトリーサーバーのURLを入力します。
tsd.dictionary-provider-facade.producer-url お使いのTalend Dictionary ServiceインスタンスへのURLを入力します。
spring.cloud.stream.kafka.binder.brokers Kafkaブローカーに対応するホストを入力します。

設定可能なaudit.propertiesパラメーター

パラメーター 説明
root.logger ログに記録するイベントのカテゴリー
application.name 監査イベントを記録するアプリケーションの名前
service.name 監査イベントを記録するアプリケーション内のサービスの名前
instance.name サービスインスタンス名
propagate.appender.exceptions 1つ以上のアペンダーがイベントを処理できなかった場合のAPI呼び出しの動作を定義します

許可されている値: noneall

log.appender ログアペンダーのタイプ。

コンマ区切りの値リストを追加して、複数のアペンダーを同時に使用できます。

許可されている値: socketfileconsolehttp

appender.file.path

appender.file.maxsize

appender.file.maxbackup

ファイルアペンダーの設定パラメーター: ファイルに書き込む場合の監査ログへのパス、監査ログファイルの最大許可サイズ、ログのバックアップ数。
appender.http.url

appender.http.async

HTTPアペンダーの設定パラメーター