cDirectVM標準のプロパティ - Cloud - 8.0

Direct (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > 直接コンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > 直接コンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > 直接コンポーネント(メディエーション)

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているcDirectVMを設定するために使います。

Standard cDirectVMコンポーネントはCoreファミリーに属しています。

基本設定

ルートの開始コンポーネントとして使う場合:

 

[Endpoint Name] (エンドポイント名)

エンドポイントを一意に識別する任意の文字列を入力します。

ルートの中間または終了コンポーネントとして使う場合:

 

[Select From Existing(s)] (既存の中から選択)

既存のコンシューマーを選択するには、このラジオボタンをクリックします。[Consumer] (コンシューマー)フィールドの横にある[...]をクリックして既存のコンシューマーを表示し、メッセージを消費するものを選択します。

[Input Endpoint Name] (エンドポイント名の入力)

このラジオボタンをクリックして、[Endpoint Name] (エンドポイント名)フィールドにコンシューマの名前を入力します。

[Block if Consumer is not active] (コンシューマーが非アクティブの場合はブロック)

このチェックボックスをオンにすると、[Timeout] (タイムアウト)期間にコンシューマーがアクティブでない場合にプロデューサーがブロックされます。

Timeout (タイムアウト)

このオプションは、ブロックが有効な場合に表示されます。コンシューマーがアクティブになるまで待機するプロデューサーの待機を停止するまでの時間をミリ秒単位で指定します。

使用方法

使用ルール

cDirectVMは、ルート内の開始、中間、または終了コンポーネントとして使います。

制限事項

 該当せず