tImpalaOutputの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Impala

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Impala
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Impala
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Impala
Last publication date
2024-03-29

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtImpalaOutputを設定するために使われます。

標準tImpalaOutputコンポーネントは、ビッグデータファミリーに属しています。

このフレームワークのコンポーネントは、すべてのビッグデータ対応のTalend製品およびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)[Repository] (リポジトリー)のいずれかです。

 

[Built-In] (組み込み): 一元的に保存されるプロパティデータはありません。

  [Repository] (リポジトリ―) :プロパティが保管されるリポジトリーファイルを選択します。次のフィールドは、取得したデータを使用して自動的に完了されます。

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用する場合は、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストから、目的の接続コンポーネントを選択します。

注: ジョブに親ジョブと子ジョブが含まれている時は、親ジョブと子ジョブの間の既存の接続を共有したい場合(たとえば、親ジョブで作成した接続を子ジョブと共有するなど)には、次のように実行します。
  1. 親レベルで、共有するデータベース接続を、そのデータベース接続そのものを作成する接続コンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューに登録します。
  2. 子レベルで、登録済みのそのデータベース接続を読み取るために専用の接続コンポーネントを使用します。

ジョブレベル全体でデータベース接続を共有する方法の例は、データベース接続を共有をご覧ください。

[Impala Driver] (Impalaドライバー)

ドロップダウンリストから使用しているドライバーを選択します。

[Host] (ホスト)

データベースサーバーのIPアドレス。

[Port] (ポート)

データベースサーバーのリスニングポート番号。

[Database] (データベース)

このフィールドにデータベースの名前を入力します。

[Additional JDBC Settings] (追加のJDBC設定)

作成するデータベース接続に接続の追加プロパティを指定します。

このオプションは、[Basic settings] (基本設定)ビューの[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスがオンになっている場合は利用できません。

[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)

LDAPを使って認証するデータベースユーザー認証データを入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

これらのパラメーターは、[Use kerberos authentication] (Kerberos認証を使用)チェックボックスを選択した場合は使用できません。

[Use Kerberos authentication] (Kerberos認証を使用)

Kerberosセキュリティを実行しているImpalaシステムにアクセスする場合は、このチェックボックスをオンにし、このImpalaシステムのKerberosプリンシパルを入力します。

[Schema] (スキーマ)および[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマを表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-in] (組み込み): スキーマが作成され、このコンポーネント専用にローカルに保存されます。[Basic settings] (基本設定)タブにあるコンポーネントスキーマの詳細は、[Basic settings] (基本設定)をご覧ください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは既に存在し、リポジトリーに保存されています。したがって、再利用できます。[Basic settings] (基本設定)タブにあるコンポーネントスキーマの詳細は、[Basic settings] (基本設定)をご覧ください。

[Table Name] (テーブル名)

データを書き込む必要のあるテーブルの名前。

アクション

既に宛先に存在する古いデータを[OVERWRITE] (上書き)するか、既存のものに新しいデータを[APPEND] (追加)するかを選択します。

[Extended insert] (拡張インサート)

複数のデータ行を1つのINSERTアクションに結合するには、このチェックボックスをオンにします。これにより、挿入操作を高速化できます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスを選択すると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

グローバル変数

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入力する場合は、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、使用する変数を選択します。

変数の詳細は、コンテキストと変数を使用をご覧ください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントでは柔軟なDBクエリーのメリットが得られ、可能なすべてのImpala SQLクエリーが網羅されています。