Talend Studioで初めて共有モデルを有効化 - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Windows
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30

管理者ユーザーは、Talend Studioのアップデートを適用し、すべての機能をインストールし、共有モードを有効にできます。

このタスクについて

共有モードを有効にできるのは管理者ユーザーのみです。

手順

  1. Talend Studioインストールディレクトリーの下で、該当する.iniファイルを開きます。
  2. 次の2行を追加し、Talend Studioの機能パッケージとアップデートのリポジトリーのURLを指定します。
    -Dtalend.studio.p2.base=<base-url>
    -Dtalend.studio.p2.update=<update-url>

    <base-url>は機能パッケージのリポジトリーのURLであり、<update-url>は適用するアップデートのリポジトリーのURLです。

  3. Talend Studioのアップデートを適用し、全機能をインストールするためには、Talend Studioインストールディレクトリーの下でcommandline_upgrade.batファイルを実行します。
  4. Talend Studioを起動し、ローカルプロジェクトを作成して開きます。
  5. Talend Studioを再起動し、[Manage Connections] (接続を管理)ダイアログボックスを開きます。
  6. [Delete Existing Project(s)] (既存プロジェクトを削除)をクリックします。
  7. ポップアップダイアログボックスで、先ほど作成したローカルプロジェクトを選択し、OKをクリックして削除します。これによってプラグインが完全に初期化されます。
  8. <studio>/configuration/config.iniファイルに次の2つのパラメーターを追加します:
    osgi.configuration.area=@user.home/studio/configuration
    osgi.instance.area=@user.home/studio/workspace

    この2つのプロパティによって、各共有ユーザーごとにTalend Studioの設定とワークスペースが指定されます。

  9. Talend Studioインストールディレクトリーの下にあるp2フォルダーを、新しい名前(この例ではp2_bak)に変更します。
  10. <studio>/p2/org.eclipse.equinox.p2.engine/profileRegistryというディレクトリーを作成します。

次のタスク

管理ユーザーが共有モードを有効にした後は、各ユーザーは共有モードに入ることができます。
  1. Talend Studioインストールディレクトリーの下にあるp2_bakフォルダーを@user.home/studioフォルダーにコピーし、コピーしたp2_bakフォルダーの名前をp2に変更します。
  2. <studio>/configurationの下にある次のフォルダーとファイルを、osgi.configuration.areaパラメーターを使って定義されているフォルダー(この例では@user.home/studio/configuration)にコピーします。
    • .settingsフォルダー
    • org.eclipse.equinox.simpleconfiguratorフォルダー
    • org.eclipse.updateフォルダー
    • talendフォルダー
    • config.iniファイル
  3. <studio>/licenseファイルを、osgi.configuration.areaパラメーターを使って定義されているフォルダー(この例では@user.home/studio/configuration)にコピーします。
  4. Talend Studioを起動します。