メイン コンテンツをスキップする

外部モジュールとソフトウェアアップデートを共有するためにアーティファクトリポジトリーインストールして設定

Talend Administration Centerは、アーティファクトリポジトリーを使ってソフトウェアアップデート、ESB、データ統合ジョブのアーティファクトを保管します。このアーティファクトリポジトリーはSonatype NexusまたはJFrog Artifactoryがベースになります。

アーティファクトリポジトリーはソフトウェアアップデートで使用され、そのインスタンスにはユーザーのアップデート取得先となるtalend-updatesリポジトリーが含まれています。

このツールは、Talend Studioまたは他のJava IDEから作成されたジョブ、サービス、ルート、ジェネリックOSGi機能のカタログとしても使用できます。リポジトリーは開発目的のrepo-snapshotおよび本番稼働用のrepo-releaseという2種類が用意されています。

Talend Administration CenterのZipファイルを解凍すると、次の2つのアーカイブファイルが表示されます。

  • Artifact-Repository-Nexus-VA.B.C.D.Eには、Nexusを設定するためのスクリプトが含まれています。このフォルダーにはNexusインストールファイルは含まれていません。
  • Artifact-Repository-Artifactoryには、Artifactoryリポジトリーを初期化するTalendスクリプトが含まれています。

アーティファクトリポジトリーの設定は、まずNexusまたはArtifactoryをインストールし、提供されたスクリプトを使用するか手動で行う必要があります。

Talend RuntimeTalendアーティファクトリポジトリーを設定する方法の詳細は、Talend RuntimeでTalend Artifact Repositoryを設定をご覧ください。

Talendアーティファクトリポジトリーのサポート対象バージョンの詳細は、互換性があるアーティファクトリポジトリーのバージョンをご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。