コンポーネントの設定 - Cloud - 8.0

LDAP

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > LDAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > LDAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > LDAP

手順

  1. tLDAPInput[Component] (コンポーネント)ビューで、LDAPディレクトリーのフィルタリング済みコンテンツを表示するの説明に従い、LDAPディレクトリーサーバーに接続の詳細とフィルターを設定します。
    使用されていないフィールドdcouobjectclassを削除して、スキーマを単純にします。
  2. マッパーを開いて、実行する編集を設定します。
    uidカラムには変更が不要であるため、このカラムを入力テーブルから出力テーブルにドラッグ&ドロップします。
  3. dnカラム(出力)の[Expression] (式)フィールドに、ターゲットツリーリーフに到達するとLDAPサーバーが予期している正確な式を入力し、tLDAPOutputコンポーネントの[Base DN ] (ベースDN)フィールドにまだ設定していない場合にのみディレクトリーの書き込みが許可されるようにします。
  4. このユースケースでは、このパスを自動的に取得するためにGetResultNameグローバル変数が使用されます。[Ctrl]+[Space]を押して変数リストにアクセスし、tLDAPInput_1_RESULT_NAMEを選択します。
  5. mailカラムの式フィールドに、LDAPディレクトリー内の現在のデータを上書きする新しいメールアドレスを入力します。このサンプルでは、Pierre.Dupont@talend.comに変更します。
    [OK]をクリックして、変更を確定します。
  6. tLDAPOutputコンポーネントを選択し、ディレクトリーの書き込みプロパティを設定します。
  7. [Port] (ポート)および[Host] (ホスト)の詳細が[Repository] (リポジトリー)に保存されていない場合は、手動で設定します。
  8. [Base DN] (ベースDN)フィールドで、アクセス権がある最高のツリーリーフを設定します。アクセスするターゲットDNの正確な完全パスを以前に設定していなかった場合は、ここで入力します。このユースケースでは、フルDNがtMapコンポーネントからのdn出力によって与えられます。したがって、アクセス可能な最高のリーフのみが与えられます: o=directoryRoot
  9. 使用する、該当するプロトコルを選択します: このサンプルではLDAPです。
    LDAPディレクトリーが予期している[User] (ユーザー)および[Password] (パスワード)を入力します。
    [Multi-valued field separator] (複数値フィールドの区切り)にコンマを入力します。一部のフィールドには、コンマで区切られた複数の値が含まれている可能性があるためです。
  10. [Alias Dereferencing] (エイリアスの参照解除)フィールドと[Referral Handling] (参照処理)フィールドにデフォルト設定を使用します。それぞれ、[Always] (常時)[Ignore] (無視)です。
    このユースケースの[Insert mode] (挿入モード)は、[Update] (更新) (メールアドレス)です。
    スキーマは、プロパゲーションオペレーションを使用して前のコンポーネントによって与えられています。
  11. [Advanced settings] (詳細設定)ビューで[Use Attribute Options (for update mode)] (属性オプションの使用(更新モード用))チェックボックスをオンにし、[Attribute Options] (属性オプション)テーブルを表示します。
    [Attribute name] (属性名)パートの下で属性[mail] (メール)を選択し、[Option] (オプション)パートの下で[Replace] (置換)を選択します。