tLDAPRenameEntryの標準プロパティ - Cloud - 8.0

LDAP

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > LDAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > LDAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > LDAP

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtLDAPRenameEntryを設定するために使います。

[Standard] (標準) tLDAPRenameEntryコンポーネントは、データベースファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で利用できます。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)[Repository] (リポジトリー)のいずれかです。

 

[Built-In] (組み込み): 一元的に保存されるプロパティデータはありません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されるリポジトリーファイルを選択します。後続フィールドは、取得されたデータを使用して自動的に入力されます。

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[ Component list] (コンポーネントリスト)で該当するtLDAPConnection コンポーネントをクリックします。

Host (ホスト)

LDAPディレクトリーサーバーのIPアドレス。

[Port] (ポート)

サーバーのリスニングポート番号。

[Base DN] (ベースDN)

ユーザーの認証されたツリーリーフへのパス。

プロトコル

リストでプロトコルタイプを選択します。

LDAP: 暗号化しない

LDAPS: セキュアなLDAP このオプションを選択すると、[Advanced CA] (高度な認証局)チェックボックスが表示されます。選択すると、上級モードでは、特定のCAを保存するための証明書ファイルのディレクトリーとキーストアのパスワードを指定できます。ただし、[Trust all certs] (すべての証明書を信頼する)チェックボックスをオンにすれば、この証明書の検証を無効にすることも可能です。

TLS: 証明書が使われます。このオプションを選択すると、[Advanced CA] (高度な認証局)チェックボックスが表示され、LDAPSタイプのチェックボックスと同じように使えます。

[User] (ユーザー)および[Password] (パスワード)

ユーザー認証情報を入力します。

ログインが有効であるには、LDAP構文の要求にマッチングする必要があります。たとえば: "cn=Directory Manager".

パスワードを入力するためには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符で囲んで入力して[OK]をクリックし、設定を保存します。

[Alias dereferencing] (エイリアスの参照解除)

リストでオプションを選択します。エイリアスを参照解除しないことが確かな場合は[Never] (参照解除しない)にすることで検索パフォーマンスを改善できます。デフォルトでは[Always] (常時)が使用されます。

[Always](常時): エイリアスを常に参照解除する。

[Never] (参照解除しない): エイリアスを参照解除しない。

[Searching] (名前解決後): 名前解決した後にのみエイリアスを参照解除する。

[Finding] (名前解決中): 名前解決中にのみエイリアスを参照解除する。

[Referral handling] (参照処理)

リストでオプションを選択します。

[Ignore] (無視): リクエストのリダイレクトを処理しない。

[Follow] (処理):リクエストのリダイレクトを処理する。

[Previous DN] (以前のDN)[New DN] (新しいDN)

古いDNを保持するスキーマカラム([Previous DN] (以前のDN))と新しいDNを保持するカラム([New DN] (新しいDN))をリストから選択します。

Schema (スキーマ)およびEdit schema (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-in] (組み込み): スキーマが作成され、このコンポーネント専用にローカルに保存されます。関連項目: Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは既に存在し、リポジトリーに保存されています。したがって、再利用できます。関連項目: Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。

[Die on error] (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスはデフォルトで選択されています。エラーの発生した行をスキップし、エラーが発生していない行の処理を完了するには、このチェックボックスをオフにします。必要に応じて[Row] (行) > [Reject] (リジェクト)リンクを使用してエラー発生時に行を取得できます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

グローバル変数

NB_LINE: 処理された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントには、可能なすべてのLDAPクエリーが網羅されています。通常は1コンポーネントのサブジョブとして使われますが、他のコンポーネントでも使えます。

注:[Ctrl] + [Space]を押してGetResultName変数などのグローバル変数リストにアクセスし、該当するDNベースを自動的に取得します。