tLoqateAddressRow - Cloud - 8.0

Loqate address standardization

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Loqateアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Loqateアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Loqateアドレス標準化コンポーネント

国際住所を解析、検証、クレンジング、標準化、音訳、およびフォーマットします。

tLoqateAddressRowを使うと、構造化テキストまたは非構造化テキストを解析してラベル付き住所に変換できます。これにより、住所コンポーネントが正しい住所フィールドに自動的に配置されます。住所データを参照データと比較して、正確で完全であることを確認できます。スペルを修正し、欠落している住所データ(都市、市街地、地域、郵便番号など)を追加し、緯度経度やその他の関連データなどの他のエレメントで住所をエンリッチできます。

この住所管理コンポーネントは、高品質で高精度のロケーション情報の世界的リーダーであるLoqateとTalendのコラボレーションの成果です。

企業とそのソフトウェアツールについては、http:// www.loqate.com/を参照してください。

このコンポーネントは、240か国以上の正式な住所と地理参照データを含むLoqate Global Knowledge Repositoryを複数の言語と文字セットで使います。

tLoqateAddressRowはQ1.1.2020リリースを使います。

デフォルトで、このコンポーネントはTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。