cMapを使ってデータをマッピング - Cloud - 8.0

Map (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend ESB
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > マップコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > マップコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > マップコンポーネント(メディエーション)

このシナリオは、Talend Data Management PlatformTalend Big Data PlatformTalend Real Time Big Data PlatformTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricにのみ適用されます。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talend Mediationコンポーネントを参照してください。

次のシナリオでは、コンポーネント3つのルートを作成します。このルートでは、cFileコンポーネントがローカルファイルディレクトリーにアクセスしてコンテンツをコピーし、cMapコンポーネントを使って変換を実行した後、入力ディレクトリー内のファイルを出力cFileコンポーネントに送信して、そのコンポーネントが別のディレクトリーにファイルを書き込みます。