サンプル候補データを読み取る - Cloud - 8.0

MapRDB

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MapRDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MapRDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MapRDB

手順

  1. 現在のジョブが実行されているマシンにMapRクライアントが適切にインストールおよび設定されていることを確認します。
  2. tFixedFlowInputtMapROjaiOutputをワークスペースにドロップします。
  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを使ってtFixedFlowInputtMapROjaiOutputに接続し、tMapROjaiOutputからスキーマの伝播を受け入れます。
  4. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  5. [...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。

    • _idカラムは、MapR Ojaiデータベースに保管されるドキュメントの技術IDを提供するために前のステップでtMapROjaiOutputから取得済みであるため、既に存在しています。このカラムはtMapROjaiOutputが必要とします。
    • [+]ボタンをクリックして他のカラムを追加し、それぞれの名前をfirstnamelastnamesexmarriedagesalaryに変更します。marriedカラムの型は[Boolean] (ブール)ageカラムの型は[Integer] (整数)salaryカラムの型は[Float] (浮動小数点)にする必要があります。
  6. [OK]をクリックしてスキーマエディターを閉じ、スキーマの伝播を受け入れます。
  7. [Mode] (モード)エリアで[Use Inline table] (インラインテーブルの使用)ラジオボタンを選択して、サンプルデータを追加するテーブルを表示します。
  8. [+]ボタンをクリックして4つの行を追加し、上図に示すようにサンプルデータを入力します。

    サンプルデータはあくまでも例示を目的とするものです。

    [String] (文字列)型のデータは二重引用符で囲み、他の3つの型のデータは引用符で囲まないでください。