統合マッチングプロセス中にTalend Data Stewardshipを使用する - 8.0

Talend MDM Web UIユーザーガイド

Version
8.0
Language
日本語
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Web UI
Content
データガバナンス
Last publication date
2023-11-23

統合マッチングプロセス中に生成されたタスクをTalend Data Stewardshipで処理できます。また、統合マッチングプロセスは次のサブタスクに分割できます。

  1. 類似するレコードを識別し、どの値を残すかを決める(「マッチングとサバイバーシップ」と呼ばれているプロセス)。
  2. ゴールデンレコードをビルドする。
  3. Talend Data Stewardshipで各ゴールデンレコードにタスクを作成するか、または更新する。
  4. Talend Data Stewardshipのタスクに従って、レコードに対する変更を処理する。
  5. マスターデータベースにレコードを挿入するか、または更新する。

MDMは、ユーザーが設定した条件に基づいて、これらの各タスクを自動的に実行します。人手による介入は、各ゴールデンレコードのためにTalend Data Stewardshipで作成したタスクを処理する際に、また、信頼できるマッチングしきい値を下回る一致グループにのみ必要です。

マスターデータレコードがゴールデンレコードに由来する場合、マスターデータレコードに対して行われた更新は、ゴールデンレコードの現在のステータスが205のままである場合にのみ、ステージングエリア内のゴールデンレコードに対して自動的に同期されます。関連付けられたタスクは変わりません。

注: マッチングとサバイバーシップのプロセス後にゴールデンレコードのステータスが205である場合、Talend Data Stewardshipのタスクは作成されません。