tPersonatorコンポーネントを設定する - Cloud - 8.0

Melissa Data address standardization

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Melissaデータアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Melissaデータアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Melissaデータアドレス標準化コンポーネント

手順

  1. tPersonatorコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Schema] (スキーマ)[Built-in] (組み込み)を選択します。
  3. スキーマを確認するには、[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックします。
  4. [Input mapping] (入力マッピング)[+]ボタンをクリックして、tPersonatorフィールドを入力データに関連付けます。
    1. CompanyName[Company] (会社)
    2. AdressLine1[Address] (住所)
    3. State[State] (州)
    4. PostalCode/ZipCode[Zip] (郵便番号)
    5. FullName[FullName] (氏名)
    6. PhoneNumber[PhoneNumber] (電話番号)
  5. [Check action] (アクションの確認)[Append action] (アクションの追加)[Verify action] (確認)、および[Move action] (アクションの移動)を選択します。
  6. [Centric hint] (Centricヒント)[Auto] (自動)を選択します。
  7. [Append options] (追加オプション)[Always] (常時)を選択します。
  8. [Address options] (住所オプション):
    1. [Diacritics] (分音記号): [auto] (自動)を選択します。
    2. [Advanced address correction] (高度な住所訂正)チェックボックスと[Use preferred city] (優先都市を使う)チェックボックスをオンにします。
  9. [Name options] (名前オプション)で、次のオプションを選択します。
    1. [Name hint] (名前のヒント):[Varying] (変化する)
    2. [Middle name logic] (ミドルネームロジック): [Parse logic] (解析ロジック)
    3. [Salutation format] (挨拶文の形式): [Formal] (フォーマル)
    4. [Gender population] (性別の入力): [Mixed] (混合)
    5. [Genderization policy] (ジェンダー化ポリシー): [Neutral] (ニュートラル)
    6. [Correct first name] (ファーストネームを訂正)チェックボックスと[Standardize company] (会社を標準化)チェックボックス
  10. [Email options] (メールオプション)[Address outputs] (住所出力)[Geographics outputs] (地理的出力)、および[Miscellaneous outputs] (その他の出力)のすべてのチェックボックスをオンにします。
    次の設定があります。
  11. [Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックします。
    1. [tStatCatcher statistics] (tStatCatcher統計)チェックボックスをオフにします。
    2. [License key] (ライセンスキー)を入力します。
    3. [Number of retries] (再試行回数)を入力します: 5。
    4. [Timeout in seconds] (タイムアウト間隔(秒))を入力します: 100。
    5. [Cache directory] (キャッシュディレクトリー)を参照します。
    6. [Batch request size (1-100)] (バッチリクエストサイズ(1-100))を入力します: 2。
    7. [Multithreading] (マルチスレッド)チェックボックスをオンにします。
    8. [Thread count] (スレッドカウント)を入力します: 3。
    9. [Show debug console output] (デバッグコンソールの出力を表示する)チェックボックスをオンにします。