ダイナミックスキーマを使ってMongoDBコレクションにレコードを挿入 - Cloud - 8.0

MongoDB

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB

このシナリオは、サブスクリプションベースのビッグデータ関連Talend製品にのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。

このシナリオではダイナミックスキーマの使い方を示します。2つのレコードを生成し、通常の方法でコレクションにレコードを挿入します。その後にレコードを取得し、ダイナミックスキーマ機能を使って別のコレクションにそのレコードを挿入します。このシナリオで使われるジョブは以下のとおりです。

このシナリオは、MongoDBデータベースに接続して操作するための認証情報と権限があることを前提としています。