tMongoDBInput - Cloud - 8.0

MongoDB

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB

MongoDBデータベースのコレクションからレコードを取得し、後続のコンポーネントに転送して表示または保存します。

tMongoDBInputでは、ドキュメントの検索条件となるフィールドにマッチするドキュメントのクエリーを行い、MongoDBデータベースコレクションから特定のドキュメントを取得します。

デフォルトで、このコンポーネントはTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。

使用しているTalend製品に応じて、このコンポーネントは次のジョブのフレームワークの1つ、一部、またはすべてで使用できます。

  • 標準:tMongoDBInputの標準プロパティをご覧ください。

    このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで利用できます。

  • Spark Batch:Apache Spark BatchのtMongoDBInputプロパティをご覧ください。

    このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のサブスクリプションTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで利用できます。

  • Spark Streaming:Apache Spark StreamingのtMongoDBInputプロパティをご覧ください。

    この種類のジョブでは、ルックアップデータのサイズがジョブの実行に割り当てられたメモリ容量に収まっている場合、ルックアップデータを提供するためにtMongDBInputが使用されます。MongoDBからのデータ読み取りで一度実行され、データをメモリに保管してメインフローからのマイクロバッチでデータに簡単にアクセスできるようにします。ルックアップデータが大きすぎてメモリに保管できない場合は、代わりにtMongoDBLookupInputを使用することをお勧めします。ルックアップ結合キーに一致するデータのみが読み取られます。

    このコンポーネントは、Talend Real Time Big Data PlatformおよびTalend Data Fabricで利用できます。