Data Mapper: 新しい機能 - 8.0

Talend Data Fabricリリースノート

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Fabric
Product
Talend Data Fabric
Content
インストールとアップグレード
リリースノート

機能

説明

外部マップ変数を使う新しい関数 Talend Data Mapperに新しい関数が追加されました。
  • ジョブまたはルートで他のコンポーネントで再利用できるよう、変数を作成して、それらを外部マップに保管するPutValueToExternalMap
  • マップで他のコンポーネントからの外部マップ変数を使用するGetValueFromExternalMap
マルチ出力フラット化マップ

7.3 R2021-04月次リリースで配信済み

マルチ出力のマップを作成できるようフラット化マップ機能が改善されました。入力ストラクチャーで出力として使用されるべきエレメントを選択できます。
EDIFACTインポーター

7.3 R2021-03月次リリースで配信済み

UN/EDIFACT仕様をZIPファイルとしてインポートし、ストラクチャーを作成できるようになりました。Talend Data Mapperでは、リリースD.96A以降の仕様がサポートされます。
XSDインポートから複雑なエレメントを除外

7.3 R2020-12月次リリースで配信済み

XMLスキーマインポートウィザードの新しいオプションによって、ストラクチャーから除外したい複雑なタイプをリスト化できるようになりました。