Talend Remote Engine - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-04-16

一般利用できるようになったTalend Remote Engine v2.11.8は、Log4J 2.17.1と共に動作するほか、マイナーな機能の強化が行われています。

最近報告されたLog4Jの脆弱性を回避できるよう、お使いのRemote Engineをこの新しいバージョンにアップグレードすることを強くお勧めします。

新機能

機能 説明

子ジョブのログ

Talend Studio V8.0以降で公開されたジョブについては、<RemoteEngineInstallationDirectory>/etc/org.talend.ipaas.rt.jobserver.client.cfgファイルに次のパラメーターを追加することでサブジョブのログを確実に生成できるようになりました。
job.log.subjobs.logs = true
注: Talend Studioのそれ以前のバージョンでは、tRunjob[Use an independent process to run subjob] (サブジョブを独立したプロセスで実行)チェックボックスを選択すると、サブジョブのログは利用できません。

セキュリティの強化

問題 説明

TPOPS-3060

Log4J CVE-2021-45105のセキュリティ評価達成に伴い、Remote Engineとその他のTalendアプリケーションがアップグレードされ、Log4J 2.17.1を使用できるようになりました。

Talend Remote Engineの開始にあたっては、Talend Remote Engineユーザーガイドをご覧ください。