R2023-02での新しいAPI機能 - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-04-11
機能 説明
保護されたアーティファクトのアップデート
アーティファクトの新バージョンを公開する場合、どのワークスペースで公開されても、次の条件を満たすすべてのタスクがデフォルトで自動的にアップデートされます。
  • [Always use the latest artifact version] (利用できるアーティファクトの最新バージョンを常に使用)で設定されている
  • 公開されるアーティファクトと同じ名前のアーティファクトを使用している

ワークスペースアップデートエンドポイントを呼び出す時にprotectedArtifactUpdateパラメーターをtrueに設定すると、こういった意図しないアップデートからワークスペースとそのタスクを保護できます。このパラメーターをオンにすると、アーティファクトが同じワークスペースで公開された時のみ、保護されたワークスペースのタスクがアップデートされます。

関連するエンドポイント: Update workspace