Talend Management Console R2023-02の新機能 - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-03-01
機能 説明
Cloud Engineのトークン

Cloud Engineをターゲットとするタスクやプランが一時停止されると、Cloud Engineは開始されず、トークンも消費されなくなります。

エンジンの動作の詳細は、Remote Engineとクラスターを環境とワークスペースに割り当てをご覧ください。

タスクやプランを一時停止および再開
詳細ページの上部に、タスクやプランを一時停止したユーザー名、およびその操作が行われた日付が表示されるようになりました。
Cronトリガー: ヘルプテキストの改善
Cron式を設定する時に各フィールドのヘルプテキストを確認できるようになりました。
Cronトリガー: 新しいコピー/貼り付けボタン
タスクやプランの詳細ページからCron式をコピー/貼り付けできるようになりました。
接続を編集
タスクの追加や編集の時に、[Connections] (接続)ステップから接続を直接編集できるようになりました。

この機能は、その接続が存在するワークスペースで管理権限を持っている場合のみ利用できます。