コンポーネントの設定 - Cloud - 8.0

RSS

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > Messaging Protocols > RSS
データガバナンス > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > Messaging Protocols > RSS
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > Messaging Protocols > RSS
Last publication date
2024-03-07

手順

  1. tRSSInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、コンポーネントのプロパティを定義します。
  2. アクセスするRSS_FeedのURLを入力します。このシナリオでは、tRSSInput Talend RSS_Feed(http://feeds.feedburner.com/Talend)にリンクします。
  3. デザインワークスペースでtRSSOutputをダブルクリックして、その[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントプロパティを定義します。
  4. [File name] (ファイル名)フィールドでデフォルトのパスおよびファイル名を使用するか、独自の出力XMLファイルを参照します。
  5. [Encoding Type] (エンコーディングタイプ)リストで、エンコーディングタイプを選択します。
  6. [Mode] (モード)エリアで[RSS]を選択します。
  7. [Channel] (チャネル)パネルで、タイトル、説明、公開日、および入力データ全体を定義するためのリンクを入力します。
  8. [Optional Channel Element] (任意のチャネルエレメント)で、RSSフローのメタデータを定義します。この例では、フローに2つのメタデータがあり、[copyright]の値はtos[language]の値はen_usになります。
  9. 必要に応じて[Edit Schema] (スキーマを編集)をクリックし、スキーマを変更します。
    注:

    [Sync column] (カラムの同期]をクリックすると、先行のコンポーネントから生成されたスキーマを取得できます。