ジョブを設定 - Cloud - 8.0

SAP

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

手順

  1. tSetDynamicSchemaコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、次の手順に従います。
    1. [Read schema from file ] (ファイルからスキーマを読み取る)オプションを選択します。
    2. [Filename] (ファイル名)フィールドにdynaschema.csvファイルへのパスを入力します。
      また、[Filename] (ファイル名)フィールドの右にある[...]ボタンをクリックしてcsvファイルに移動し、csvファイルへのパスを入力できます。
  2. 次の手順に従い、tSAPTableInputコンポーネントを設定します。
    1. [Advanced settings] (詳細設定)ビューを開き、[Use the RFC server] (RFCサーバーの使用)オプションを選択します。
    2. [Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    3. [Use existing dynamic schema] (既存のダイナミックスキーマを使用)オプションを選択し、[Dynamic schema] (ダイナミックスキーマ)ドロップダウンリストからtSetDynamicSchema1コンポーネントを選択します。
    4. [From statement] (ステートメントから)フィールドに2つのテーブルのデータを結合するステートメントを入力します(この例では"VBRK INNER JOIN VBRP ON VBRP~MANDT = VBRK~MANDT AND VBRP~VBELN = VBRK~VBELN")。
    5. [Filter] (フィルター)フィールドにレコードをフィルタリングする条件を入力します(この例では"INCO2 = 'Hamburg'")。
    6. [Connection configuration] (接続設定)セクションのフィールドに、指示に従ってRFCサーバーの設定を入力します。
    7. 他のオプションはそのままにしておきます。
  3. tLogRowコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、[Table] (テーブル)を選択します。