tSAPDataSourceReceiverの標準プロパティ - Cloud - 8.0

SAP

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtSAPDataSourceReceiverを設定するために使われます。

標準tSAPDataSourceReceiverコンポーネントは、ビジネスファミリーに属しています。

このフレームワークのコンポーネントは、すべてのサブスクリプションベースのTalend製品で利用できます。

基本設定

[Failover] (フェイルオーバー)

RFCサーバーフェイルオーバー機能を使うには、このオプションを選択します。RFCサーバーフェイルオーバー機能は、tsap-rfc-server.propertiesファイルの[Remote broker section] (リモートブローカーセクション)rfc.server.remote.broker.urlパラメーターを使い、ブローカーをデプロイすれば、実装されます。このオプションを選択した後、表示されるテーブル内の[Host] (ホスト)[Port] (ポート)カラムのブローカーのIPアドレスとポート番号を提供する必要があります。ブローカーのIPアドレスとポート番号は、rfc.server.remote.broker.url parameter in Remote broker section of the tsap-rfc-server.propertiesファイルの関連情報は、tsap-rfc-server.propertiesファイルを設定をご覧ください。

[Talend SAP RFC Server host] (Talend SAP RFC Serverホスト)

Talend SAP RFCサーバー、またはローカルマシンにインストールされている場合は、localhostのIPアドレスを入力します。

[Port] (ポート)

Talend SAP RFCサーバーによって使用されているポートを入力します。

[User] (ユーザー)および[Password] (パスワード)

Talend SAP RFCサーバーへの接続に使用するユーザー名とパスワードを入力します。

パスワードを入力するためには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符で囲んで入力して[OK]をクリックし、設定を保存します。

[Use SSL Transport] (SSL転送を使用)

SSL転送メカニズムを使用するには、このチェックボックスをオンにします。SSL転送については、SSL Transport Referenceをご覧ください。

[Datasource name] (データソース名)

データソースシステムの名前を指定します。

[Mode] (モード)

このコンポーネントを使用する際のモードをドロップダウンリストから選択します。以下のモードがあります。
  • [Keep running forever] (永続的に実行): ジョブの実行を停止するまで、このコンポーネントに受信データリクエストをリスンさせ続ける場合は、このモードを選択します。このモードを選択すると、次の2つのプロパティも指定できます。
    • [Maximum duration (seconds)] (最大期間(秒)): ジョブがRFCサーバーでデータリクエストを消費し続ける期間(秒単位)を指定します。この時間制限に達すると、ジョブは消費を停止し、RFCサーバーとの接続を終了します。

    • [Maximum number of data to consume] (消費するデータの最大数): ジョブによって消費されるデータリクエストの最大数を指定します。この制限に達すると、ジョブは消費を停止し、RFCサーバーとの接続を終了します。

  • [Batch (consume all data available then terminate)] (バッチ(利用可能なすべてのデータを消費して終了)): RFCサーバーで利用可能なすべてのデータリクエストが消費された後にジョブを自動的に停止する場合は、このモードを選択します。このモードを選択した場合は、[Sleep time (seconds)] (スリープ時間(秒))フィールドで、最初のメッセージの読み取りに対するプロセスの待機時間に対応するスリープ時間を秒単位で指定することもできます。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

  • [Built-in] (組み込み): このコンポーネントに対してのみスキーマを作成し、ローカルに保管します。

  • [Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、 Talend Studio ユーザーガイドをご覧ください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは通常、ジョブまたはサブジョブの開始コンポーネントとして使い、常に出力リンクが必要です。

制限事項

SAPから提供された特定のjarファイルとdllファイルを、StudioおよびStudioをホストしているワークステーションに追加する必要があります。正確な手順は、32ビットまたは64ビットのWindowsやLinuxなど、使用しているプラットフォームで異なります。
  • 詳細は、Talend StudioユーザーガイドSAP Java Connectorのインストール方法と「SAPメタデータの一元管理」をご覧ください。

  • SAP Java Connectorのインストール方法の例は、Talend Help Center (https://help.talend.com)およびTalend Studioユーザーガイドの「SAPメタデータの一元管理」をご覧ください。