DockerでのESBアーティファクトの実行 - Cloud - 8.0

TalendSoftware Development Life Cycleベストプラクティスガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
Last publication date
2024-02-29
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

手順

  1. コマンドプロンプトかターミナルを開き、次のコマンドを実行してDemoRESTRouteアーティファクトを実行します。
    $ docker run -d -p <MACHINE_PORT>:8065 --name DemoRESTRoute <STUDIO_PROJECT>/demorestroute
    009335e9edb0cd2d01682bfa92fd4a19e7fe567a7b7247463aa835b3acb9e878
    ここで
    • <MACHINE_PORT>には、ホストポートをコンテナーポートにバインドするために使われるポートが入ります。
    • <STUDIO_PROJECT>にはTalend Studioのプロジェクト名が入ります。これはGitプロジェクトと同じ名前です。プロジェクト名は大文字であることが必要です。
  2. docker container lsコマンドを実行してコンテナーをリスト表示し、Dockerコンテナーが実行中であることを確認します。

    $ docker container ls
    CONTAINER ID        IMAGE                            COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                    NAMES
    42b4f16477bd        <STUDIO_PROJECT>/demorestroute   "./DemoRESTRoute_run…"   4 seconds ago       Up 4 seconds        0.0.0.0:8090->8065/tcp   DemoRESTRoute
  3. ブラウザーでエンドポイントにアクセスします。XMLドキュメントが返されます。

    http://localhost:<MACHINE_PORT>/services/customers
  4. docker container rmコマンドを実行し、アーティファクトをデプロイメントした後にDockerコンテナーをクリーンアップします。

    $ docker container rm -f DemoRESTRoute