KubernetesでのESBアーティファクトの実行 - Cloud - 8.0

TalendSoftware Development Life Cycleベストプラクティスガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
Last publication date
2024-02-29
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

始める前に

Kubernetesクラスターが設定済みで実行中であることを確認します。

手順

  1. 次のようにdemorestroute.yaml設定ファイルを作成し、DemoRESTRouteアーティファクトをデプロイメントします。
    # Kubernetes DemoRESTRoute deployment
    						#
    						apiVersion: v1
    						kind: Service
    						metadata:
    						name: demorestroute
    						labels:
    						app : demorestroute
    						spec:
    						ports:
    						- port: <MACHINE_PORT>
    						targetPort: 8065
    						name: http-demorestroute
    						selector:
    						app : demorestroute
    						---
    						apiVersion: extensions/v1beta1
    						kind: Deployment
    						metadata:
    						name: demorestroute-v1
    						spec:
    						replicas: 1
    						template:
    						metadata:
    						labels:
    						app : demorestroute
    						version: v1
    						spec:
    						containers:
    						- name: demorestroute
    						image: <ARTIFACT_REPOSITORY_DOCKER_REGISTRY>/<STUDIO_PROJECT>/demorestroute:latest
    						imagePullPolicy: IfNotPresent
    						ports:
    						- containerPort: 8065
    						---
    ここで
    • <MACHINE_PORT>には、ホストポートをコンテナーポートにバインドするために使われるポートが入ります。
    • <ARTIFACT_REPOSITORY_DOCKER_REGISTRY>には、アーティファクトリポジトリー(NexusまたはArtifactory)で設定されているDockerレジストリーのURLのホストが入ります。
    • <STUDIO_PROJECT>にはTalend Studioのプロジェクト名が入ります。これはGitプロジェクトと同じ名前です。プロジェクト名は大文字であることが必要です。
  2. kubectl apply -f demorestroute.yamlコマンドを実行し、アーティファクトをKubernetesにデプロイメントします。

    $ kubectl apply -f demorestroute.yaml
    		service/demorestroute created
    		deployment.extensions/demorestroute-v1 created
  3. kubectl get poコマンドを実行し、Kubernetesポッドが稼働中かどうかチェックします。

    $ kubectl get po
    NAME                                READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    demorestroute-v1-6c4dc67648-z6zh7   1/1     Running   0          8s
  4. ブラウザーでエンドポイントにアクセスします。XMLドキュメントが返されます。

    http://localhost:<MACHINE_PORT>/services/customers
  5. kubectl delete -f demorestroute.yamlコマンドを実行し、アーティファクトのデプロイメント後にKubernetesポッドをクリーンアップします。

    $ kubectl delete -f demorestroute.yaml
    service "demorestroute" deleted
    deployment.extensions "demorestroute-v1" deleted