Catch接続設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-27
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

このタスクについて

[Catch]リンクを設定して、cTryコンポーネントの[try]リンクでスローされた例外をキャッチできます。

手順

  1. ルートの[Catch]リンクを選択するだけで、[Components] (コンポーネント)タブの関連する[Basic settings] (基本設定)ビューを表示できます。
  2. [Exceptions] (例外)フィールドに、[try]ルーティングで発生し得る例外クラスの名前を入力します。すべての例外の母java.lang.Exception.classを入力すると、あらゆる例外がキャッチされます。ただし、より正確な例外クラスを指定することで、生成される例外を正確に特定するようにできます。
    [Basic settings] (基本設定)ビュー。

タスクの結果

ルートを実行した時に、[try]リンクの後のルーティングで例外が発生すると、その例外に最適に対応する[catch]リンクによりキャッチされます。詳細は、[Row] (行)接続をご覧ください。