MDMメタデータの一元管理 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-04-09
対象製品...

Big Data

Big Data Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

Talend Studioでは、MDM接続の詳細を[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)フォルダーで一元管理できます。こうすることで、確立済みの接続を使ってMDMサーバーに接続できます。

デフォルトで、この機能はTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

注: tMDMInputコンポーネントとtMDMOutputコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで[Save] (保存)アイコンをクリックすることでも、同じようにMDM接続を設定できます。

選択するオプションに基づいて、入力XML、出力XML、受信XMLスキーマをウィザードで作成できます。後でTalendジョブにおいて、tMDMInputコンポーネントは定義された入力スキーマを使い、XMLドキュメントに格納されているマスターデータを読み取ります。tMDMOutputは定義された出力スキーマを使い、XMLドキュメントのマスターデータに書き込むか既存のXMLドキュメントをアップデートします。tMDMReceiveコンポーネントは定義されたXMLスキーマを使い、MDMトリガーやプロセスからMDMレコードをXML形式で取得します。