コンポーネントを設定 - Cloud - 8.0

Synonymインデックス

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 類義語インデックスコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 類義語インデックスコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 類義語インデックスコンポーネント

手順

  1. tFileInputDelimited (CityNames)をダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで、入力ファイルへのパスを指定します。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開き、[+]ボタンを2回クリックして2つのカラムを追加し、入力ファイル構造に従って、それぞれにCityNameSynonymsという名前を付けます。
    完了したら、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、スキーマ設定を後続のコンポーネントにプロパゲートさせます。
    [Repository] (リポジトリー)に保管されている確立されたメタデータを使って、このtFileInputDelimitedファイルを追加することもできます。これにより、対応するメタデータの設定を自動的に使用できます。このメタデータを作成して使う方法の詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。
  4. tSynonymOutputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Index path] (インデックスパス)フィールドに、インデックスを作成する必要がある場所を入力するか、参照して選択します。
  6. [Operation] (操作)フィールドで、この作成された索引および関連する同義語に対して実行する必要がある操作を選択します。この例では、(Delete and) initialize an index選択します。
  7. [Entry] (入力)フィールドで、標準参照データを受け取って保管するために使うカラムを選択します。このシナリオで使うソースファイルでは、CityNameカラムに標準の都市名が保持されているため、CityNameを選択します。
  8. [Synonyms] (シノニム)フィールドで、シノニムを受け取って保管するために使うカラムを選択します。このシナリオではSynonymsを選択します。
  9. tLogRowコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで[Table] (テーブル)オプションを選択して、ジョブ実行結果の読みやすさを向上させることができます。