別の入力コンポーネントを追加してリンク - Cloud - 8.0

tXMLMap

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
Last publication date
2024-02-28

手順

  1. Talend Studioで、前のシナリオで使用されているジョブを開いてデザインワークスペースに表示します。
  2. 名前をデザインワークスペースに入力するか、または[Palette] (パレット)からドロップすることにより、別のtFileInputXMLコンポーネントをジョブに追加します。コンポーネントUSStatesに機能がわかるような名前を付けます。
  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、USStatesという名前のtFileInputXMLコンポーネントをtXMLMapコンポーネントにリンクさせます。この接続は自動的にルックアップフローに変わります。