Google Chrome 80の自動ヘッダー - Cloud

Talend Cloud API Testerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Tester
task
ジョブデザインと開発 > Testing APIs

Google Chromeによって自動的に追加された新しいヘッダーは、サーバーでサポートされていない場合に問題を引き起こすことがあります。

Google Chromeリリース80で、HTTPリクエストへ自動的に追加されるヘッダーが導入されました。そのようなヘッダーは、サーバーで適切に処理されない場合に問題を引き起こすことがあります。これらのヘッダーの詳細は、メタデータデスティネーションヘッダーのフェッチメタデータのフェッチを参照してください。

たとえば下のスクリーンショットではGETリクエストが送信され、Sec-Fetch-DestSec-Fetch-SiteSec-Fetch-Modeというヘッダーが自動的に追加されています。サーバーはこのようなヘッダーをサポートしていないため、予期しない結果が発生します。リクエストはこの場合、本文が空の状態で500というレスポンスを返します。

Talend Cloud API TesterはHTTP仕様に従っていますが、修正はまだ検討中です。ただし、これらのヘッダーを適切に処理するようサーバーを構成すれば問題を解決できます。詳細は、Talendサポートにお問い合わせください。

注: この問題はTalend Cloud API Tester Mavenプラグインには影響しません。