セマンティックタイプライブラリーのエンリッチ化 - Cloud

Talend Cloud Data Inventoryユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Inventory
Content
データガバナンス
データクオリティとプレパレーション > データの充実化
データクオリティとプレパレーション > データの識別
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理

データセットを追加してそのサンプルを追加すると、各フィールドやカラムに対し、サポートされているセマンティックタイプがアプリケーションによって自動的に提案されます。

アプリケーションが提案したセマンティックタイプが目的のものではない場合は、カラムヘッダーでメニューアイコンをクリックして手動で変更できます。詳細は、カラムのセマンティックタイプの変更を参照してください。

この操作によって、Talend Cloudアプリケーションにデフォルトで表示されているセマンティックタイプのリストから目的のタイプを選択できるようになります。詳細は、事前定義済みのセマンティックタイプを参照してください。さらに、自分のセマンティックタイプを作成したり、既存のセマンティックタイプを更新または削除したりすれば、Talend Cloudで自社に合ったビジネス用語が使用されるようになります。

注: テナントごとにコンテンツを10MBまでTalend Dictionary Serviceにアップロードできます。

セマンティックタイプの変更は、Talend Cloud Data InventoryTalend Cloud Pipeline DesignerTalend Cloud Data StewardshipTalend Cloud Data Preparation の各インターフェイスの左メニューにある[Semantic types] (セマンティックタイプ)タブで直接行います。

変更はすべてTalend Dictionary Serviceで保存され、さまざまなTalend Cloudアプリケーションにプロパゲートされます。

Talend Dictionary Serviceが利用可能かどうかは、使用しているライセンスによって決まります。

Talend Dictionary Serviceでは、セマンティックライプは3つの主要カテゴリーに分けられます。

  • DICTタイプ: 値の有効なリストや終了したリストに基づきます。
  • REGEXタイプ: 事前に選択した正規表現とデータを比較します。
  • COMPOUNDタイプ: 複数の既存のタイプへとグループ化できます。

Talend Dictionary Serviceと互換性のあるTalend Cloudとの通信を可能にするためには、次の前提条件を満たす必要があります。

  • プラットフォームライセンスがあること。
  • Talend Cloudユーザーには、Talend Cloud Data InventoryTalend Cloud Pipeline DesignerTalend Cloud Data StewardshipTalend Cloud Data Preparation のいずれかのロールに加え、Talend Cloud Management Console[Dictionary service] (辞書サービス)アプリケーションの[Semantic types manager] (セマンティックタイプマネージャー)ロールが割り当てられていること。