Talend Cloud Data Preparationとの相違点 - Cloud

Talend Cloudハイブリッドインストールガイド

Version
Cloud
Language
日本語
Operating system
Windows
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2024-02-27

Talend Data Preparationをハイブリッドモードで使用しても、すべてのクラウド機能にアクセスできるわけではありません。

次の表は動作の違いを示したものです。
機能 クラウドバージョン ハイブリッドモード
接続 [Connections] (接続)タブで接続を作成すれば、新しいデータセットの作成で再利用できます。 [Connections] (接続)タブはありません。

たとえばSalesforceやAmazon S3に保管するリモートデータセットを作成する時は、接続情報を毎回入力する必要があります。

複数のワークシートがあるExcelファイル [Auto-detect] (自動検出)機能によって、[Format config] (形式設定)が事前入力されます。 [Auto-detect] (自動検出)機能はありません。
プレパレーションの作成 既存のデータセットに基づいてプレパレーションを作成できます。

また、Talend Cloud Data Preparationボタン Data Preparationボタンを使ってデータセットのリストからプレパレーションを作成することもできます。

オンザフライでインポートされたデータセットに基づいてプレパレーションを追加できます。
プロファイル環境設定 Talend Cloudで編集したプロファイルプリファレンスはすぐに有効になります。 Talend Cloudでプロファイル環境設定を編集した後、Talend Data Preparationに再接続すると、変更が有効になります。
ヘッダーとしての行 データセットをインポートする時に、データセットのプロパティで行をヘッダーとして定義できます。 行をヘッダーとして定義するには、関数パネルで[Row] (行)タブの[Make as header] (ヘッダーとして作成)関数を使います。
ハイブリッドモードでは使用できないクラウド機能は以下のとおりです。
ハイブリッドモードでは使用できない機能 詳細
データセットの来歴とデスティネーション データセットにマウスを置くと、Talend Cloud Data Preparationボタン Data Preparationが表示されます。このボタンをクリックすれば次の操作が可能です。
  • プレパレーションを作成する。
  • データセットから作成された全プレパレーションとその作成者を共に表示する。自分のデータがどのように使われているのか、さらに深く知ることができます。
ローカルファイルの直接インポート [Datasets] (データセット)ページで[Drop a file or browse] (ファイルをドロップまたは参照)ボタンをクリックし、ローカルファイルをインポートします。ファイルをデータセットページにドラッグ&ドロップするか、エクスプローラーを使って参照します。
拡張されたネイティブ接続 アプリケーション内でさまざまな接続タイプをネイティブで利用できます。データベース、ファイルシステム、分散システム、プラットフォームなどからのデータセットでプレパレーションを作成します。
ドイツ語 Talend Cloud Data Preparationのインターフェイスをドイツ語で利用できるようになりました。
データセットリスト内のインジケーター データセットのリストを開くと、次のカラムとインジケータが表示されます。
  • データセット全体にわたる空のレコード、有効なレコード、無効なレコードの再区分を詳細に示すクオリティバー。各色の上にマウスを置けば、正確なパーセンテージとレコード数が表示されます。
  • データセットのクオリティとその他の個人的基準に基づく評価スコア。データセットリストに表示される評価スコアは、データセットにアクセスできるすべてのユーザーが適用したスコアの平均です。
  • 盾のアイコンで表されるTalend Trust Scoreは、データセットのクオリティと完全性の総合スコアがわかるようになっています。いくつかのインジケーター(クオリティ、評価スコアや証明書の存在など)が集計されます。
共有について 共有ダイアログでは、接続、データセット、プレパレーションのフォルダーを他のユーザーと共有する時に、ロールを他のユーザーに割り当てることができます。ビューアー、エディター、所有者のロールにはすべて、共有オブジェクトに対して実行できるアクションに関するさまざまなレベルの権限が用意されています。

他のユーザーに割り当てたロールはいつでもアップデートできます。また、特定の共有オブジェクトのコントリビューターリストから自分を削除することもできます。

アプリケーションのオンプレミスバージョンをインストールしている場合は、Talend Data Preparationユーザーガイドで機能に関する詳細をご覧ください。