Remote Engineサービスをインストールおよびアンインストール(systemd) - Cloud

Linux版Talendインストールガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Linux
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Talend Remote EngineはApache Karafをベースとしています。Karafラッパー(サービスラッパーの場合)を使用すると、Remote EngineをLinux サービスとしてインストールできます。

このタスクについて

Remote Engineサービスをインストールするには、まずオプション機能であるラッパーをインストールし、その後にサービスをインストールする必要があります。

手順

  1. Talend Remote Engineインストールディレクトリーのbinフォルダーを参照し、trunファイルをルートユーザーとして起動します。
  2. ラッパーをインストールします:
    karaf@root()> feature:install wrapper
  3. サービス名としてtalend-remote-engineを使い、サービスのインストールを設定します:
    karaf@root()> wrapper:install -n talend-remote-engine
    <RemoteEngineInstallationDirectory>/binフォルダーに次のファイルが作成されます。
    • talend-remote-engine-wrapper
    • talend-remote-engine-service
    • talend-remote-engine.service

    <RemoteEngineInstallationDirectory>/etcフォルダーにtalend-remote-engine-wrapper.confファイルが作成されます。サービスをインストールして開始する前に、ラッパー設定ファイルでJVMプロパティをカスタマイズします。

  4. ターミナルインスタンスを開きます。
  5. talend-temote-engine.serviceファイルを/etc/systemd/system and reload systemにコピーします。

    cp /app/Talend-RemoteEngine-V2.9.0/bin/talend-remote-engine.service /etc/systemd/system/
    systemctl daemon-reload
    
  6. サービスを登録します。
    systemctl enable /etc/systemd/system/talend-remote-engine.service
  7. Talend Remote Engineサービスをアンインストールするには次のコマンドを実行します:
    systemctl disable /etc/systemd/system/talend-remote-engine.service

    systemctlコマンドを使用する場合、サービスはシステムのブート時に無効になります。

  8. ラッパーサービスのインストーラーをアンインストールする場合は、trunプロンプトから次のコマンドを実行します:
    karaf@root()> feature:uninstall wrapper