Remote Engineサービスを管理 - Cloud

Linux版Talend Cloudインストールガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
linux
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Systemd

サービスを開始する場合:
systemctl start talend-remote-engine
サービスを停止する場合:
systemctl stop talend-remote-engine
現在のサービスステータスを確認する場合:
systemctl status talend-remote-engine
サービスアクティビティジャーナルを表示する場合:
journalctl -u talend-remote-engine
システムのブート時にサービスを無効にする場合:
systemctl disable talend-remote-engine

System V (オプション1)

マシンの再起動時にサービスを開始する場合:
update-rc.d talend-remote-engine-service defaults
マシンの再起動時にサービスの起動を無効にする場合:
update-rc.d talend-remote-engine-service remove
サービスを開始する場合:
/etc/init.d/talend-remote-engine-service start
サービスを停止する場合:
/etc/init.d/talend-remote-engine-service stop

System V (オプション2)

マシンの再起動時にサービスを開始する場合:
chkconfig talend-remote-engine-service on
マシンの再起動時にサービスの起動を無効にする場合:
chkconfig talend-remote-engine-service off
サービスを開始する場合:
service talend-remote-engine-service start
サービスを停止する場合:
service talend-remote-engine-service off