リージョン: AWS米国データセンター - Cloud

Talend Cloudインストール&アップグレードガイド

Version
Cloud
Language
日本語
Operating system
Linux
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2024-04-02

これらのURLのポート値は443です。

そのURLのトラフィックはアウトバウンドです。

URL 使用元 目的 要件レベル
https://cdn.auth0.com/ Webブラウザー

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Remote Engine

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Talend Studio

Talend Cloudアプリケーションにログインします。

Talend Studioは、auth0を使ってTalend Management Consoleに接続するジョブ(Talend Data Preparationジョブなど)が実行されている時のみこのURLを必要とします。

必須の有無
https://app.us.cloud.talend.com Webブラウザー Talend Management ConsoleのURL。 必須の有無
https://tmc.us.cloud.talend.com/inventory

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Talend Studio

タスクアーティファクトメタデータは、このURL経由でTalend StudioからTalend Management Consoleに転送されます。 必須の有無
https://apid.us.cloud.talend.com Webブラウザー Talend Cloud API DesignerのURL。 必須の有無
https://*.us.api-mocks.com Webブラウザー Talend Cloud API Designer APIモックのドメイン。 必須の有無
https://*.us.api-documentation.com Webブラウザー Talend Cloud API Designerライブドキュメンテーションのドメイン。 必須の有無
https://minio.us.cloud.talend.com

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Talend Studio

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Remote Engine

Talend Studio[Accelerate Publish] (公開を高速化)が有効である場合、Talendジョブは、最終的に実行される前にこれらのロケーションにアップロードされます。

[Accelerate publish] (公開を高速化)は大型ジョブの場合は便利ですが、その他のジョブにはあまり大きな違いはもたらしません。

必須の有無
https://minio-artifacts.us.cloud.talend.com Remote Engine MinioのTalendリポジトリーに格納されているアーティファクトをフェッチするために使用されます。 必須の有無
https://minio-customerlogs.us.cloud.talend.com/

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Remote Engine
Remote Engineからタスク実行ログを受信するために使われるURL。

このURLにログを送信するのはRemote Engine V2.11.0以降のみです。

必須の有無
https://tdp.us.cloud.talend.com Webブラウザー Talend Cloud Data PreparationのURL。 必須の有無
https://tds.us.cloud.talend.com Webブラウザー Talend Cloud Data StewardshipのURL。 必須の有無
https://msg.us.cloud.talend.com

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Remote Engine

タスクの実行(イベントの受信、デプロイ、アンデプロイや、タスク実行ステータスやメトリクスに関する情報の送信など)について通信するために使用されます。 必須の有無
https://pair.us.cloud.talend.com

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Remote Engine

Remote Engine Gen2

Remote Engineとそのテナントの初期ペアリングのために使用またこのサービスは、Remote Engineに関するステータス情報(ハートビートや可用性など)を伝達します。 必須の有無
https://dts.us.cloud.talend.com

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Remote Engine

Remote EngineからTalend Cloudへのリソースファイルアップロードを承認するよう事前署名された、1回限りのエフエメラルURLを作成するために使用されます。 必須の有無
https://engine.us.cloud.talend.com Remote Engine Gen2 1回限りのトークン生成承認とWebSocketイネーブルメントを設定するため、Remote Engine Gen2によって使用されます。 必須の有無
wss://engine.us.cloud.talend.com Remote Engine Gen2 Remote Engine Gen2は、このWebSocketエンドポイントを使ってパイプラインの実行、サンプルのフェッチ、プレビューの計算というリクエストを受信します。 必須の有無
https://statics.cloud.talend.com Webブラウザー Talend Cloudのアセット(画像、.cssファイル、.jsファイルなど)を格納するために使用されるContent Delivery Network (CDN)。 必須の有無
https://app.us.cloud.talend.com/portal Webブラウザー Talend Cloudプラットフォームポータル。 必須の有無
  • https://login.us.cloud.talend.com
  • https://iam.us.cloud.talend.com
Webブラウザー Talend Cloudへのログインページ。

Talend Cloudプラットフォームポータルにアクセスする時は、https://iam.us.cloud.talend.com経由でセッションがテストされます。セッションが既に開いている場合は、アクセスが直接付与されます。開いていない場合は、リダイレクトされるhttps://login.us.cloud.talend.comでログインします。

必須の有無
https://webhooks.us.cloud.talend.com サードパーティアプリケーション Talend Management Consoleで設定され、独自のサードパーティアプリケーションで使われているカスタムWebhookを格納するために使用されます。

インフラストラクチャーのアプリケーションがこのエンドポイントを使用している時のみ必要です。

必須の有無
https://ghcr.io/ Remote Engine Gen2 使用するDockerイメージはこのサイトからフェッチされます。 必須の有無
https://*.launchdarkly.com Webブラウザー LaunchDarklyとは、新しい機能の展開を管理する(機能フリッピング)ため使用されるサードパーティサービスのことです。

LaunchDarklyで使われているIP範囲は静的なものではなく、変化することもよくあります。そのため、許可リストにはワイルドカードアドレスを使用することをお勧めします。 ただし、組織のセキュリティポリシーの制限によりワイルドカードが許可されていない場合は、LaunchDarklyのドキュメントから使用するLaunchDarkly IPを直接入手することができます。

ただし、組織のセキュリティポリシーの制限によってワイルドカードが許可されていない場合は、LaunchDarklyのドキュメンテーションから、使用するLaunchDarkly IPを直接入手できます。

必須の有無
https://*.talend.com すべてのTalend製品

Talend製品の新しい機能や技術的進化を採用する際に、お客様側の許可リスト変更を最小限に抑えることでスムーズな利用を実現します。

talend.comドメインは完全に保護されています。

推奨

https://*.pendo.io Webブラウザー Pendoとは、匿名で製品の使用方法をよりよく理解し、有用性の問題点を検出するためTalendに使用されるサードパーティサービスのことです。また、このサービスは新しい機能の発表や重要なアンケートなどの製品内プッシュ通知を許可します。 推奨
https://*.intercom.io

https://*.intercomcdn.com

https://*.intercomassets.com

wss://*.intercom.io

Webブラウザー Intercomとは、Talendサポートチームとの製品内チャット機能を提供するために使用されるサードパーティサービスのことです。 推奨
https://*.us.talend-dataset.com Remote Engine Gen2

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Cloud Engine for Design

Talend Data InventoryTalend Cloud Pipeline DesignerTalend Data Preparationのデータセットで有効になっているデータAPIに到達するためのURL。 必須の有無
https://api.us.cloud.talend.com

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Talend Studio 8.0
Talendが提供する8.0 R2022-01以降のTalend Studioマンスリーアップデートをインストールしている場合、このURLはTalend Studio 8.0によって使用されます。 必須の有無