エンジンステータスのチェック - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designerユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Pipeline Designer
Content
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
データガバナンス > データのフィルタリング
データクオリティとプレパレーション > データのフィルタリング
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > ログの監視
管理と監視 > 実行の監視

Talend Cloud Pipeline Designerを使えば、既存のエンジンのライブステータスとその実行プロファイルを一目で視覚化できます。この情報は、実行時に使用するエンジンを決定するうえで役立ちます。

エンジンとそのプロファイルをTalend Cloud Management Consoleから作成する方法の詳細は、Talend Cloud Management Consoleユーザーガイドを参照してください。

パイプラインを実行する前に、あらかじめ定義と設定が行われている実行プロファイル環境を選択する必要があります。
[Select a run profile] (実行プロファイルを選択)ウィンドウにある情報は次のとおりです。
  • [Name] (名前): Talend Cloud Management Consoleで作成された実行プロファイルの名前が表示されます。
  • [Type] (タイプ): 実行プロファイルのタイプです。詳細は実行プロファイルをお読みください。
  • [Engine name] (エンジン名): Talend Cloud Management Consoleで作成されたエンジンの名前が表示されます。
  • [Running] (実行中): 並列実行が可能な最大数のうち現在実行中であるパイプラインの数。
  • [Queued] (キュー済み): バインドされたキューのうち実行を待っているパイプラインの数。