開発環境 - Cloud

クラウドのTalendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
次の図は、製品や機能が作成、統合、テストされ、本番環境にプッシュされる3つの環境を表しています。

開発環境とは、製品や機能を設計し開発するための環境のことです。詳細は、開発とテストを参照してください。

品質保証(QA)環境では、開発作業の途中でも開発環境で作成された開発プロセスを検証できます。検証が行われたプロセスは、本番環境にプロパゲートします。

この環境では、アーティファクトソースが生成済みであるため、Gitリポジトリーは必要なく、Talend CommandLineアプリケーションはオプションです。

本番環境には、テスト済みの製品やフィーチャーを実際にデプロイします。

この環境には、Talend CommandLineアプリケーションもGitサーバーも必要ありません。アーティファクトを別の環境に渡すために必要な唯一のツールが、Talend Cloud Public APIです。

詳細は、QA環境および本番環境へのデプロイを参照してください。

これら3つの環境がどうリンクされているかを理解するには、Talendによる実装を参照してください。