Jenkinsにログイン認証情報を保管 - Cloud

クラウド版Talendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

Jenkinsにソース管理ツールおよびデプロイメントコンテナー(Docker、Amazon AWS、Azureなど)のログイン認証情報を保存する必要があります。

手順

  1. [Manage Jenkins] (Jenkinsを管理) > [Manage Credentials] (認証情報を管理) > [Credentials] (認証情報)に移動します。
  2. [System] (システム) > [Global credentials] (グローバル認証情報) > [Add Credentials] (認証情報を追加)をクリックし、プロジェクトアイテム(ジョブ、ルート、テストなど)が保存されているリポジトリーにアクセスするためのGit認証情報を追加します。
    注: Gitパーソナルアクセストークンを使用している場合は、[Username with password] (パスワードを持つユーザー名)を選択します。SSHを使用している場合は、リストから[SSH username with private key] (プライベートキーを持つSSHユーザー名)を選択します。
  3. IDをgit_talendにします。この名前はthe pipeline scriptで使われます。
  4. [Save] (保存)をクリックして変更を反映させます。