Remote Engineの問題に関するコンテキスト情報を収集 - Cloud

Remote Engineの問題に関するコンテキスト情報を収集

Version
Cloud
Language
日本語
Product
Talend Cloud
Module
Talend Remote Engine
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-06

Remote Engine特定のスクリプトであるtalend-re-helper.shtalend-re-helper.batを使えば、発生した問題に関するコンテキスト情報を収集できます。

この情報は後で自分で使用したり、エンジンのトラブルシューティングのためにTalend Supportチームに送信したりできます。

収集される情報は、<RemoteEngineInstallation>フォルダーとそのサブフォルダーの下に保存されているもののみです。作業ファイルの一部を<RemoteEngineInstallation>フォルダーの外に置くようRemote Engineを設定した場合、このファイルは収集されません。

このスクリプトはv2.10.7以降のRemote Engineでのみサポートされています。

手順

  1. コマンドライン端末で、<RemoteEngineInstallation>/scriptsフォルダーに移動します。
  2. talend-re-helper.shまたはtalend-re-helper.batを実行します。

    このスクリプトのhelp情報が必要な場合は、helpパラメーターを指定してスクリプトを実行します。例えば次のようになります。
    ./talend-re-helper.sh --help
    このスクリプトはエンジンがオンでもオフでも実行できます。このエンジンは、エンジンコンテナーの状態に関するダンプファイルを収集する必要がある場合のみオンにする必要があります。

タスクの結果

このスクリプトは、Remote engineマシンから収集した以下のフォルダーやファイルが含まれているアーカイブを現在のディレクトリーに生成します。
  • フォルダー:
    /etc
    /TalendJobServersFiles/jobexecutions/logs
    /data/log
    /data/job
    /instances
  • ファイル:
    /karaf.pid
    /version.txt
    /system.txt
    /TalendJobServersFiles.archiveJobs.csv
    /TalendJobServersFiles.repository.csv
    /lock.csv
    /data.m2.csv
    /data.filebuffer.csv
    • このsystem.txtは、Javaとシステムに関するグローバルな情報を保存します。
    • CSVファイルは、このアーカイブに追加された全ファイルを、そのメタデータ(Remote Engineマシンでのパス、ファイルの所有者、作成時間など)と共にリスト表示します。
  • エンジンコンテナーの状態(環境設定やメモリ情報など)に関するダンプファイルのzipファイル。たとえば、この種類のダンプzipはdump-2021-10-08_09-35-29.zipとなります。

    ダンプファイルを収集する必要がある場合は、このスクリプトを実行する時にエンジンが稼働していることが必要です。