メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

サービスアカウントのJSONファイルを使ってGoogle Driveにアクセスする方法

サービスアカウントのJSONファイルを使ってGoogle Driveにアクセスするには、まずGoogle API Consoleでサービスアカウントを作成してから、Google Chromeを使って次の手順を実行し、サービスアカウントのJSONファイルをダウンロードする必要があります。

始める前に

  1. Google Driveを使うためにGoogleアカウントがサインアップ済みであること。
  2. Google API Consoleでプロジェクトが作成済みで、Google Drive APIが有効化されており、製品名が設定済みであること。設定方法の詳細は、クライアントIDとシークレットを使ってGoogle Driveにアクセスする方法をご覧ください。

手順

  1. Google API Consoleに移動します。
  2. サービスアカウントページを開きます。プロンプトが表示されたら、プロジェクトを選択します。
  3. [CREATE SERVICE ACCOUNT] (サービスアカウントの作成)をクリックします。
  4. [Create service account] (サービスアカウントの作成)ウィンドウにサービスアカウントの名前を入力し、[Furnish a new private key] (新しいプライベートキーの提供)を選択してから、キータイプJSONを選択します。
  5. [Create] (作成)をクリックします。ポップアップウィンドウでフォルダーを選択し、[Save] (保存)をクリックして、サービスアカウントのJSONファイルを安全に保管します。このJSONファイルは、Google Driveコンポーネントとメタデータウィザードで使い、OAuthメソッド[Service Account] (サービスアカウント)を介してGoogle Driveにアクセスできます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。