メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

tSAPIDocOutputの標準プロパティ

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtSAPIDocOutputを設定するために使われます。

標準tSAPIDocOutputコンポーネントは、ビジネスファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのサブスクリプションベースのTalend製品で使用できます。

情報メモ注: 「このコンポーネントにはsapjco.jarが必要です」と表示されたら、モジュールをダウンロードし、SAP Java Connectorの手順をご覧ください。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)[Repository] (リポジトリー)のいずれかです。

 

[Built-In] (組み込み): 一元的に保存されるプロパティデータはありません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティが保存されているリポジトリーファイルを選択します。後続するフィールドは、取得されたデータを使用して事前に入力されます。

このアイコンをクリックすると、接続ウィザードが開き、コンポーネント[Basic settings] (基本設定)ビューに設定したExcelファイル接続パラメーターが保存されます。

ファイル接続パラメーターの設定と保存の詳細は、接続パラメーターを設定をご覧ください。

接続設定

[Client] (クライアント): SAPの通常の接続コードを入力します。

[Userid] (ユーザーID): ユーザー接続IDを入力します。

[Password] (パスワード): パスワードを入力します。

パスワードを入力するためには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符で囲んで入力して[OK]をクリックし、設定を保存します。

[Language] (言語): 言語を指定します。

[Host name] (ホスト名): SAPシステムのIPアドレスを入力します。

[System number] (システム番号): システム番号を入力します。

[IDoc column] (IDocカラム)

利用可能なIDocカラムのドロップダウンリストから、入力カラムとして使うカラムを選択します。

[From XML file] (XMLファイルから)

[XML-IDoc file] (XML-IDocファイル): SAPシステムにアップロードするIDocファイルのパスを参照または入力します。

情報メモ注:

tHMapを使うジョブでこのコンポーネントを使っている場合は、このチェックボックスをオンにしないでください。そのようなジョブでは、スキーマは[Sync columns] (カラムを同期)ボタンを使って Talend Data Mapper からプロパゲートします。

[Die on error] (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスはデフォルトでオフになっており、エラーの発生した行をスキップし、エラーが発生していない行のプロセスを完了します。

詳細設定

[SAP Properties] (SAPプロパティ)
使用中のSAPシステムでカスタム設定を使用する必要がある場合は、カスタマイズするプロパティをこのテーブルで設定します。例:
  • SAPシステムとTalend Studioの間にUnicode接続を確立するには、jco.server.unicodeプロパティを追加してその値を1に設定する必要があります。これらのプロパティは、SAP Java Connector 2.xを使用している場合に機能します。SAP Java Connector 3.0以降のバージョンでは不要です。

  • セキュリティで保護されたネットワーク通信(SNC)を使用してSAP接続を設定するには、このフィールドに以下のプロパティを追加し、設定する必要があります。

    • jco.client.snc_mode
    • jco.client.snc_myname
    • jco.client.snc_lib=.../sapcrypto/sapcrypto.dll
    • jco.client.snc_partnername
    • jco.client.snc_qop
    情報メモ注: 上記プロパティの値はシステム環境によって異なります。プロパティの設定方法が不明な場合は、SAPシステムの管理者にお問い合わせください。

    SNCパラメータの設定については、SNC の設定をご覧ください: SNCをサポートするRFC通信パスを使用したAS ABAPへの外部プログラム

このプロパティは、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスがオンになっている場合は表示されません。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスを選択すると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

グローバル変数

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入力する場合は、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、使用する変数を選択します。

変数の詳細は、コンテキストと変数を使用をご覧ください。

使用方法

使用ルール

通常は別途に、またはサブジョブで使います。

サポート

SAP S4/HANAは、IDocの限定的なサポートを提供します。

[Connections] (接続)

外部リンク(このコンポーネントから別のコンポーネントへのリンク):

[Trigger] (トリガー): Run if, On Component Ok, On Component Error, On Subjob Ok, On Subjob Error.

受信リンク(あるコンポーネントからこのコンポーネントへのリンク):

[Trigger] (トリガー): Run if, On Component Ok, On Component Error, On Subjob Ok, On Subjob Error

接続の詳細は、ジョブにおける接続の使い方をご覧ください。

制限事項

Talend StudioおよびTalend Studioをホストしているワークステーションに、SAPから提供された特定のJARファイルとDLLファイルを追加する必要があります。正確な手順は、32ビットまたは64ビットのWindowsやLinuxなど、使用しているプラットフォームで異なります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。