メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

tSAPIDocReceiverの標準プロパティ

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtSAPIDocReceiverを設定するために使われます。

標準tSAPIDocReceiverコンポーネントは、ビジネスファミリーに属しています。

このコンポーネントは、Talend Data Management PlatformTalend Big Data PlatformTalend Real-Time Big Data PlatformTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

フェイルオーバー

このオプションを選択すると、RFCサーバーフェイルオーバー機能を使用できます。RFCサーバーフェイルオーバー機能は、tsap-rfc-server.propertiesファイルの[Remote broker section] (リモートブローカーセクション)rfc.server.remote.broker.urlパラメーターを使い、ブローカーをデプロイすれば、実装されます。このオプションを選択した後、表示されるテーブル内の[Host] (ホスト)[Port] (ポート)カラムのブローカーのIPアドレスとポート番号を提供する必要があります。ブローカーのIPアドレスとポート番号は、rfc.server.remote.broker.url parameter in Remote broker section of the tsap-rfc-server.propertiesファイルの関連情報は、tsap-rfc-server.propertiesファイルを設定をご覧ください。

Talend SAP RFC Serverホスト

ローカルマシンにインストールされている場合は、Talend SAP RFC ServerのIPアドレスかlocalhostを入力します。

ポート

Talend SAP RFC Serverで使われているポートを入力します。

ユーザー

Talend SAP RFC Serverへの接続に使用される有効なユーザー名を入力します。

パスワード

前のフィールドに入力したユーザー名に対応するパスワードを入力します。

パスワードを入力するためには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符で囲んで入力して[OK]をクリックし、設定を保存します。

[Use SSL Transport] (SSL転送を使用)

SSL転送メカニズムを使用する場合は、このチェックボックスを選択します。SSL転送については、SSL Transport Referenceをご覧ください。

[The component is linked to tHMap] (コンポーネントは、tHMapにリンクされています)

tSAPIDocReceiverコンポーネントがそのストラクチャーを定義するために使用するtHMapコンポーネントがジョブに含まれている場合は、このチェックボックスをオンにしてから、[Mapping list] (マッピングリスト)ドロップダウンリストから、該当のコンポーネントの名前を選択します。

tSAPIDocReceiverコンポーネントがそのストラクチャーを定義するためにtHMapコンポーネントを使用しない場合は、代わりに[IDoc type] (IDocタイプ)フィールドにIDocタイプを二重引用符で囲んで指定します。

[Mode] (モード)

ジョブの実行を停止するまで、このコンポーネントに新しいIDocをリスンさせ続ける場合は、[Keep running forever] (永続的に実行)を選択します。

利用可能なすべてのIDocsが消費された後にジョブを自動的に停止する場合は、[Batch (consume all IDocs available and terminate)] (バッチ(利用可能なすべてのIDocsを消費して終了))を選択します。[Batch] (バッチ)モードを選択した場合は、最初のメッセージの読み取りに対するプロセスの待機時間に対応するスリープ時間を秒単位で指定することもできます。

[Maximum duration (seconds)] (最大期間(秒))

このチェックボックスをオンにした場合、ジョブがRFCサーバーから送信されるIDocsを消費し続ける期間(秒単位)を指定できます。この時間制限に達すると、ジョブは消費を停止し、RFCサーバーとの接続を終了します。

[Maximum number of IDocs to consume] (消費するIDocsの最大数)

このチェックボックスをオンにした場合、ジョブによって消費されるIDocsの最大数を指定できます。この制限に達すると、ジョブは消費を停止し、RFCサーバーとの接続を終了します。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスを選択すると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

グローバル変数

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入力する場合は、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、使用する変数を選択します。

変数の詳細は、コンテキストと変数を使用をご覧ください。

使用方法

使用ルール

一度実行されると、このコンポーネントは、(少なくとも、最大処理時間または最大消費IDoc数に達するまで)新しいIDocをリスンし続け、例外が発生したり実行を停止したりしない限り、IDocをダウンストリームで次のコンポーネントに送信します。

[Connections] (接続)

外部リンク(このコンポーネントから別のコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): メイン、反復。

[Trigger] (トリガー): [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)、[On Subjob Error] (サブジョブがエラーの場合)、[Run if] (条件付き実行)、[On Component Ok] (コンポーネントがOKの場合)、[On Component Error] (コンポーネントがエラーの場合)。

接続の詳細は、ジョブにおける接続の使い方をご覧ください。

制限事項

Talend StudioおよびTalend Studioをホストしているワークステーションに、SAPから提供された特定のJARファイルとDLLファイルを追加する必要があります。正確な手順は、32ビットまたは64ビットのWindowsやLinuxなど、使用しているプラットフォームで異なります。

このコンポーネントを使用するには、Talend SAP RFC Serverをインストールして設定しておく必要があります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。