メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

Talend Cloud Data Stewardshipにログイン

管理者からログイン情報を受け取ったら作業を開始して、重複している顧客レコードのうち適切なデータのみを残すことができます。

手順

  1. AWSやAzureのリージョンに対応するURLで、Talend Cloud環境にアクセスしてください。

    利用できる環境の詳細は、Talend CloudのリージョンとURLをご覧ください。

    表示される移行ウィザードで、移行を開始するか、既に移行を完了している場合はQlikログインページに進むかを選択します。
    これはTalendからQlikに移行するためのランディングページです。
    • 移行が完了した場合は、[Already done?] (既に完了していますか?)をクリックします。[Qlik login] (Qlikログイン)に移動し、Qlikログインページにアクセスします。
    • それ以外の場合は、[Migrate your Talend account] (Talendアカウントを移行)をクリックして移行を進めます。
  2. 認証情報を入力します。
    • Talend CloudでSSOを設定している場合は、次の操作を行います。
      1. [Log in with SSO] (SSOでログイン)ボタンをクリックしてSSOログインページを開きます。
      2. [Region] (リージョン)リストで、該当するクラウドリージョンを選択します。
      3. メールアドレスを入力します。
        • メールが複数のドメインで使用されている場合は、新しいページが開き、使用するドメインを指定するよう求められます。

        Talend Cloudシングルサインオン(SSO)の設定に関する詳細は、Talend Cloudシングルサインオン(SSO)設定ガイドをご覧ください。
      4. [Log in] (ログイン)または[Next] (次へ)をクリックすると、SSO設定での定義に応じて、Talend CloudにアクセスしたりSSOプロバイダーのログインページを開いたりできます。

    • SSOが設定されていない場合は、ログインおよびパスワードを入力し、[Login] (ログイン)をクリックしてTalend Cloudホームページを開きます。

    各アプリには、専用のクイックスタートガイド、[Learn more] (詳細情報)をクリックしてアクセスできるドキュメンテーションへのダイレクトリンク、短い動画チュートリアルが含まれています。

    情報メモ注: ライセンスやデプロイメントによっては利用できないアプリもあります。
  3. Talend Cloud Data Stewardshipにアクセスするには、次のいずれかを行います。
    • 上部のバナーで[Select an app] (アプリを選択)をクリックし、利用可能なアプリケーションのリストからData Stewardshipを選択します。

    • Talend Cloud Data Stewardshipに移動し、[Launch] (起動)をクリックしてアプリを開きます。
    ホームページで使用できるオプションは、お客様のロールおよびData Qualityがライセンスに含まれているかどうかによって異なります。
  4. 必要に応じてガイド付きツアーに進み、サンプルコンテンツをインポートします。事前定義済みのキャンペーンやデータモデルが用意されており、すぐに使い始めることができます。
    ガイド付きツアーでは、アプリケーションの主なエレメントと機能を学び、タスクをいくつか実行できます。これらの情報はいつでもどのページからでも利用できます。アクセスするには上部のバーでユーザー名をクリックし、[Guided tour] (ガイド付きツアー)を選択します。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。