メイン コンテンツをスキップする

さまざまなソースからのデータを照合

ソリューションの1つTalend Cloud Data Stewardshipでは[Merging] (マージング)キャンペーンを使用して、データのマッチングとクレンジングを行ってマスターデータを作成できます。

このユースケースでは、さまざまなソースからのデータのマッチングとクレンジングを行ってマスターレコードを作成する方法を説明しています。

顧客データのデータクオリティや異常の問題に直面しているとしましょう。企業で使用されているさまざまなCRM間で同期が取れていないため、重複している情報が見つかりました。[Merging] (マージング)キャンペーンを使用すると、適切なデータだけを存続させて重複を解決できます。

ただし、次の2つの側面を考慮する必要があります:
  • 重複の可能性のあるレコードをグルーピングする一致グループはどのように特定しますか?この質問は、TalendTalend Studioジョブを使って解決されます。
  • データソースから最適な属性値を選択し、ユーザーとシステムが利用できる最も正確で信頼性の高いマスターレコードを作成するにはどのようにしたらいいですか? この問題は、Talend Data Stewardship[Merging] (マージング)キャンペーンを使うことで解決できます。

サンプルを再現して正確な顧客データを使用するために、キャンペーン所有者が入力ファイルおよびこのサンプルで使用するTalendジョブを既にダウンロードしていることを前提とします。これをタスクを使用して、作成されたキャンペーンにタスクを読み込むことができます。

tds_gettingstarted_source_files.zipを取得し、Talend StudioTalend Cloud Data Stewardshipへの接続を設定します。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。