メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

別のJVMを指定してTalend Studioを起動

お使いのマシンに複数のJVMをインストール済みである場合は、特定のJVMを使って目的別にTalend Studioを起動することもできます。

始める前に

使用したい新しいJavaバージョンのJDKをダウンロードしてインストールします。

手順

  1. Talend Studioインストールディレクトリーのルートに移動し、テキストエディターで.iniファイルを開きます。

    Macの場合、ファイル名はTalend-Studio-macosx-cocoa.iniです。

  2. -vmオプションを編集または追加し、Talend Studioを起動したいJVMバージョンのJava実行ファイルをポイントするようにします。
    以下のルールに従ってください:
    • -vmオプションとその値は別々の行であることが必要です。
    • vmargsの後はすべてが直接JVMに渡されるので、-vmオプションは-vmargsオプションの前に定義する必要があります。

    例:
    -vm
    /Library/Java/JavaVirtualMachines/<JDK_NAME>/Contents/Home/bin/java  
    または
    -vm
    /Library/Java/JavaVirtualMachines/<JDK_NAME>/Contents/Home/bin
    または
    -vm
    /Library/Java/JavaVirtualMachines/<JDK_HOME>/Contents/Home/lib/libjli.dylib

タスクの結果

次回Talend Studioを起動すると、新しいJavaバージョンが使用されるようになります。詳細は、Talend Studioを起動をご覧ください。
次に、Talend StudioがどのJVMバージョンを使用しているかを確認したい場合は、 <workspace>/.metadata/.logにある最新のログを開きます。使用されているJavaのバージョンが表示されます。例:
!SESSION <timestamp> -----------------------------------------------
...
java.version=17.0.10
java.vendor=Azul Systems, Inc. 

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。