メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

プロキシとファイアウォールの許可リスト情報

次のテーブルは、Talend製品で使用される最も重要なTCP/IPポートを示しています。

ファイアウォールの設定がこれらのポートと互換性があることをご確認ください。必要であれば、デフォルトのポートも変更してください。

Talendモジュールを実行するすべてのマシンで次のWebサイトを許可リストに追加します。
URL [Port] (ポート) 使用方法
update.talend.com 443 Bonita BPM Integration、Talend Metadata Bridge、およびTalend Studioツールからのアップグレードなど、追加パッケージのダウンロード
talend-update.talend.com 443 Talend Studio内のライブラリーをダウンロードする(主にコンポーネント用)
www.talend.com 443 Talend Studioからの使用統計をテストして送信
talendforge.org 443 Talend ExchangeTalend Studioを使用する、また、フォーラムリンクをクリックするなどのユーザーアクションで使用
community.talend.com 443 ユーザーアクション用(リンクのクリックなど)
help.talend.com 443 ユーザーアクション用(ヘルプリンクのクリックなど)
URL [Port] (ポート) 使用方法
https://repo1.maven.org 8082
ESB Runtime Features Installer - Talendアーティファクトリポジトリーアクセス
URL [Port] (ポート) 使用方法
www.bonita.com 80
このWebサイトを許可リストに追加するかどうかはオプションです。Bonita BPMがインストールされている場合にのみ必要です。
情報メモ注: デプロイメントが他のサードパーティソフトウェアに依存する場合は、許可リストに別のURLを追加しなければならないこともあります。Talendは、ダイナミックIPアドレスを持つホスト名をすべて許可リストに追加することをお勧めします。

このテーブルで使用する用語の意味は以下のとおりです:

  • [Port] (ポート): TCP/IPポートまたはポートの範囲。

  • [Active] (アクティブ): 製品の標準インストールに対してアクティブ(ここで言う標準インストールとはTalend Installerを使用して[Server] (サーバー)または[Client] (クライアント)としてInstaller User Interfaceで提供されるデフォルト値を指定したインストールと定義されます)。

  • [Direction] (方向): [In] (インバウンド)と[Out] (アウトバウンド)は、ポートとそれを使って通信するサービス(またはCFXルート)の間のリクエストの方向を指します。たとえば、サービスがポート9080でHTTPリクエストをリスンしている場合は、インバウンドポートです。その他のサービスがそこでリクエストを実行しているからです。ただし、サービスが特定のポートで別のサービスを呼び出す場合は、アウトバウンドポートです。

  • [Usage] (使用): このポートを使用する製品コンポーネント(たとえば1099は Talend RuntimeのJMX Monitoringコンポーネントで使用されます)。

  • [Configuration file] (設定ファイル): 値を変更できるファイルまたは場所。

  • [Note] (備考): 追加で説明する重要事項。

Talend Studioのポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル

8090

アクティブ: N

IN

tESBProviderRequest (SOAPデータサーバー)およびtRESTRequest (RESTデータサービスのデフォルトポート)

REST: 環境設定/ Talend / ESB SOAP: tESBProviderRequestコンポーネントの詳細

80

アクティブ: N

OUT

ビッグデータダイナミックディストリビューション専用 - Apacheリポジトリーポート(repository.apache.org)

/

18080

アクティブ: Y

IN OUT

Bonita組み込みサーバー - Tomcat HTTPポート

<Workspace>/tomcat/conf/server.xml

18443

アクティブ: Y

IN OUT

Bonita組み込みサーバー - Tomcat HTTPSポート

<Workspace>/tomcat/conf/server.xml

18005

アクティブ: Y

IN OUT

Bonita組み込みサーバー - シャットダウンポート

<Workspace>/tomcat/conf/server.xml

18009

アクティブ: Y

IN OUT

Bonita組み込みサーバー - Tomcat AJP ポート

<Workspace>/tomcat/conf/server.xml

19091

アクティブ: Y

IN OUT

Bonita組み込みサーバー - H2組み込み

<Workspace>/tomcat/conf/bitronix-resources.properties<Workspace>/tomcat/conf/Catalina/localhost/bonita.xmlおよび<Workspace>/tomcat/conf/server.xml

Talend CommandLineのポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル

8090

アクティブ: N

IN

tESBProviderRequest (SOAPデータサーバー)およびtRESTRequest (RESTデータサービスのデフォルトポート)

REST: 環境設定/ Talend / ESB SOAP: tESBProviderRequestコンポーネントの詳細

8002

アクティブ: N

IN

Talend CommandLineのポート

commandline.bat

3334~4333

アクティブ: Y

IN

Talend Studioライブ統計

値はTalend Studioで設定可能

4334~5333

アクティブ: Y

IN

Talend Studioトレースモード

値はTalend Studioで設定可能

Talend Identity and Access Managementのポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル メモ

9080

アクティブ: Y

IN

Talend Identity and Access Managementサーバー - Apache Tomcat HTTPポート

/conf/server.xml

9009

アクティブ: Y

IN

Talend Identity and Access Managementサーバー - Apache Tomcat AJPコネクターポート

/conf/server.xml

(なし)

アクティブ: Y*

OUT

Talend Identity and Access Managementサーバー - データベース

/conf/iam.properties

* デフォルトでは、組み込みH2データベースが使用されます(ネットワークにアクセスできません)。別のデータベースを使用する必要がある場合、ポートはこのデータベースの種類と構成に関連しています。

Talend Administration Centerのポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル メモ

5601

アクティブ: Y

OUT

Talend Administration Center Kibanaポート

Talend Administration Center Web-UIの設定ページ

 

8080

アクティブ: Y

IN

Talend Administration Centerサーバー - Apache Tomcat HTTPポート

/conf/server.xml

8009

アクティブ: Y

IN

Talend Administration Centerサーバー - Apache Tomcat AJPコネクターポート

/conf/server.xml

9419

アクティブ: Y

IN OUT

Talend Administration Centerサーバー- Drools Workbench Gitポート(-Dorg.uberfire.nio.git.daemon.port)

<ApacheTomcatPath>/bin/setenv.sh

 

10000 - 11000

アクティブ: N

IN

Talend Administration Center外部サーバーTalend JobServer

scheduler.conf.statisticsRangePorts=10000-11000/webapps/org.talend.administrator/WEB-INF/classes/configuration.propertiesに追加

管理者マシンの割り当て範囲で空きポートが選択され、ジョブの実行中に統計情報がそのポートに送信されます。デフォルトは10000~11000ですが、別のポート範囲に設定することもできます。

ジョブに対してリアルタイム統計収集が実行されている場合のみ、このポート範囲が有効になります。

(なし)

アクティブ: Y*

OUT

Talend Administration Centerサーバーデータベース

Talend Administration Center Web-UIの設定ページ

* デフォルトでは、組み込みH2データベースが使用されます(ネットワークにアクセスできません)。別のデータベースを使用する必要がある場合、ポートはこのデータベースの種類と構成に関連しています。

Talend Data Preparationのポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル

5044

アクティブ: Y

OUT

Talend Data Preparation監査サーバーポート

config/audit.properties

9999

アクティブ: Y

IN

Talend Data Preparationユーザーインターフェイスポート

config/application.properties

8989

アクティブ: Y

OUT

Talend Data Preparationバックエンドポート

config/application.properties

27017

アクティブ: Y

OUT

MongoDBポート

<MongoDB>/mongod.cfg

Talend Data Stewardshipのポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル

5044

アクティブ: Y

OUT

Talend Data Stewardship監査サーバーポート

conf/audit.properties

19999

アクティブ: Y

IN

Apache TomcatのHTTPポート

tomcat/conf/server.xml

19924

アクティブ: Y

IN

Apache Tomcatのシャットダウンポート

tomcat/conf/server.xml

19928

アクティブ: Y

IN

Apache Tomcat AJPコネクタポート

tomcat/conf/server.xml

27017

アクティブ: Y

OUT

MongoDBポート

<MongoDB>/mongod.cfg

2181

アクティブ: Y

OUT

Apache ZooKeeperポート

<Kafka>/config/zookeeper.properties

9092

アクティブ: Y

OUT

Apache Kafkaポート

<Kafka>/config/server.properties

Talend LogServerのポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル

5044

アクティブ: Y

IN

Talend LogServer監査サーバーポート

logstash-talend.conf

5601

アクティブ: Y

IN

Talend LogServer Kibanaポート

logstash-talend.conf

8050

アクティブ: Y

IN

Talendログサーバーモジュール - Talend Administration Center log4jポート

logstash-talend.conf

8052

アクティブ: Y

IN

Talendログサーバーモジュール - Talend Components log4jポート

logstash-talend.conf

8053と8054

アクティブ: Y

IN

Talendログサーバーモジュール - MDM log4jポート

logstash-talend.conf

8055

アクティブ: Y

IN

Talendログサーバーモジュール - Talend JobServer log4jポート

logstash-talend.conf

8056と8057

アクティブ: Y

IN

Talendロギングモジュール - Audit log4jポート

logstash-talend.conf

9200

アクティブ: Y

IN

Talendロギングモジュール - Elasticsearchポート

<TalendLogServerPath>/elasticsearch-X.X.X/config/elasticsearch.ymlおよびlogstash-talend.conf

Talend Runtimeのポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル(./etc)

8000

アクティブ: Y

IN

Talend JobServer - コマンドポート

org.talend.remote.jobserver.server.cfg

8001

アクティブ: Y

IN

Talend JobServer JobServer - ファイル転送ポート

org.talend.remote.jobserver.server.cfg

8888

アクティブ: Y

IN

Talend JobServer JobServer - 監視ポート

org.talend.remote.jobserver.server.cfg

Talend ESBのポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル(./etc) メモ

8040

アクティブ: Y

IN

標準HTTPポート

org.ops4j.pax.web.cfg

Talend ESBコンテナー管理ガイドを参照し、設定スクリプト、およびadmin: コマンドを使って、ポートをさまざまな値に設定できます。

9001

アクティブ: Y

IN

標準HTTPSポート

org.ops4j.pax.web.cfg

1099

アクティブ: Y

IN

JMX RMIのレジストリポート

org.apache.karaf.management.cfg

44444

アクティブ: Y

IN

JMX RMIのレジストリポート

org.apache.karaf.management.cfg

8101

アクティブ: Y

IN

Apache Karaf - SSHポート

org.apache.karaf.shell.cfg

61616

アクティブ: N

IN

メッセージング - ActiveMQブローカーポート

system.properties

2181

アクティブ: N

IN OUT

ESB Locator - Apache ZooKeeperポート

サーバー: org.talend.esb.locator.server.cfg

クライアント: org.talend.esb.locator.cfg

1527

アクティブ: N

IN

ESB SAMデータベース - Apache Derbyポート

組み込みDerbyデータベースのポート値は、 Talend Runtimeコンテナーの設定に依存します(データベースがコンテナーに同梱されているため)。

組み込みApache Derby DBは、プロダクションシステム環境での開発とテストの目的でのみサポートされています。SAMサーバーをホストするコンテナーは、関連するデータベースポートにアクセスする必要があります。ポートは、データベースとデータベースの構成によって異なります。

8082

アクティブ: Y

OUT

ESB Runtime Features Installer - Talendアーティファクトリポジトリーアクセス

org.ops4j.pax.url.mvn.cfg

(*)

アクティブ: Y

IN OUT

カスタマーサービス、ルートなど

データサービス、ルート、およびコンテナーに追加でデプロイされたその他のコンポーネントは、追加のポートがアクセス可能であることが必要な場合があります。

Talend JobServerのポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル

8000

アクティブ: Y

IN

Talend JobServer - コマンドポート

org.talend.remote.jobserver.server.cfg

8001

アクティブ: Y

IN

Talend JobServer - ファイル転送ポート

org.talend.remote.jobserver.server.cfg

8555

アクティブ: Y

IN

Talend JobServer - プロセスメッセージングポート

<Talend JobServerPath>/conf/TalendJobServer.properties

8888

アクティブ: Y

IN

Talend JobServer - 監視ポート

org.talend.remote.jobserver.server.cfg

Talendアーティファクトリポジトリーのポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル

8081

アクティブ: Y

IN

Talendアーティファクトリポジトリー - Jetty HTTPポート

/conf/jetty.xml

Talend DQ Portalのポート

Talend DQ PortalTalend 7.1以降、非推奨となっています。

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル

8580

アクティブ: Y

IN

標準ポート

/tdqp/apache-tomcat/conf/server.xml

7890

アクティブ: Y

IN

Talend DQ Portal設定組み込みデータベースのポート

/tdqp/apache-tomcat/conf/server.xmlおよび/tdqp/apache-tomcat/database/startup.bat

Talend MDM Web UIポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル(./etc) メモ

5044

アクティブ: Y

OUT

Talend MDM Server監査サーバーポート

conf/audit.properties

 

8180

アクティブ: Y

IN OUT

Talend MDM Server - Tomcat HTTPポート

<TomcatPath>/conf/server.xml

*このポートが別のアプリケーションポートと競合する場合は、8080、8280、8380の中からポートを選択できます。

8543

アクティブ: Y

IN OUT

Talend MDM Server - Tomcat HTTPSポート

<TomcatPath>/conf/server.xml

8105

アクティブ: Y

IN OUT

Talend MDM Server - Shutdownポート

<TomcatPath>/conf/server.xml

8109

アクティブ: Y

IN OUT

Talend MDM Server - Tomcat AJPポート

<TomcatPath>/conf/server.xml

Talend Dictionary Serviceのポート

[Port] (ポート) 方向 使用方法 設定ファイル

8187

アクティブ: Y

IN

標準ポート

/conf/server.xml

27017

アクティブ: Y

OUT

MongoDBポート

<MongoDB>/mongod.cfg

2181

アクティブ: Y

OUT

Apache ZooKeeperポート

<Kafka>/config/zookeeper.properties

9092

アクティブ: Y

OUT

Apache Kafkaポート

<Kafka>/config/server.properties

Streams RunnerおよびSpark Job Serverポート

ポート 方向 使用方法 設定ファイル

9060

アクティブ: Y

IN

Streams Runnerデフォルトポート

<Flow_Runner_Path>/conf/application.conf

8098

アクティブ: Y

IN

Spark Job Serverデフォルトポート

<Spark_Job_Server_Path>/settings.sh

8099

アクティブ: Y

IN

Spark Job Server H2ポート

<Spark_Job_Server_Path>/settings.sh

9998

アクティブ: Y

IN

Spark Job Server JMXポート

<Spark_Job_Server_Path>/settings.sh

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。