メイン コンテンツをスキップする

SDLC関連のコンセプト

ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)に関連する主なコンセプトのリスト。
  • 継続的インテグレーション(CI)は開発のプラクティスで、チームのメンバーは自分の作業を定期的にインテグレーションします。各インテグレーションについては、自動化ビルドによって検証し、インテグレーションエラーをすばやく検出します。

  • 継続的デプロイメント(CD)は、自動テストに合格したコード変更を迅速かつ安全に本番環境にデプロイメントできるプラクティスです。

  • ビルドの自動化はソフトウェア開発ライフサイクルで使用されるベストプラクティスで、自動ビルドスクリプトでソースコードをコンパイルおよびパッケージできます。

    たとえば、TalendユーザーはTalend StudioでMavenを使ってzipファイルとして作成したジョブのソースをエクスポートし、生成されたアーカイブファイルをTalend Management Consoleで再利用してこのジョブの次の実行をスケジュールできます。

  • バージョン管理とソースコード管理(SCM)では、変更にリビジョンを割り当てることで、ソフトウェアに対して行った変更を管理し、追跡できます。Talendでは、Gitに基づく共有リポジトリーとブランチングシステムによってこれが可能になっています。たとえばTalendでは、ユーザーはTalend Studioとその他のアプリケーションの間で共有されるリポジトリー、およびバージョン変更に対するそのブランチングシステムを使用できます。

つまり、SDLCは一定かつ継続的なビルドおよびデプロイメントのデザインを目的としており、現在のコードベースの整合性を検証するエンドツーエンドの自動テストがそれに続きます。これらの要件は、ソフトウェアの新しい機能の開発にも適用されます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。