メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

入力データを設定

このドキュメントのサンプルでは、探そうとしている顧客データがMySQLデータベースに保存されていることが前提になっています。

サンプルを複製して正確な入力データを使用するには、顧客データのgettingstarted.sqlファイルをダウンロードし、MySQLデータベースにインポートします。

始める前に

  • MySQLデータベースにアクセスできること。
  • このページにある[Downloads] (ダウンロード)タブからtesb_gettingstarted_source_files.zipをダウンロードし、ソースファイルgettingstarted.sqlをローカルに保存していること。

手順

  1. [MySQL Workbench] (MySQLワークベンチ)を開いてデータベースのインスタンスを起動します。
  2. メニューバーから[Server] (サーバー) > [Data Import] (データインポート)の順に選択し、インポートウィザードを開きます。
  3. [Import from Self-Contained File] (自己完結型のファイルからインポートする)オプションを選択し、gettingstarted.sqlファイルの保存場所に移動します。
  4. データのインポート先とするスキーマを選択するか、または[New...] (新規...)をクリックして新しいスキーマを定義します。
  5. 右下の[Start Import] (インポートの開始)をクリックします。

タスクの結果

gettingstartedデータベースがMySQLデータベースにインポートされます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。