メイン コンテンツをスキップする

分析するカラムを定義

1つ以上のカラムの内容を分析するための最初の手順は、分析するカラムを定義することです。分析結果から、各カラムの値に関する統計が得られます。

始める前に、Talend StudioProfilingパースペクティブでデータベース接続を少なくとも1つ定義していること。

Dateカラムを分析し、Javaエンジンを使用して分析を実行することを選んだ場合、日付情報はTalend Studio およびデータマートに通常の日付/時刻として保存されます。日付/タイムスタンプの形式はYYYY-MM-DD HH:mm:ss.SSSで、時間の形式はHH:mm:ss.SSSです。SQLエンジンで分析を実行する場合、日付と時刻の形式は僅かに異なります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。