メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

作成されたパーサールールセットの変更

始める前に

Talend Studio Profiling パースペクティブでパーサールールセットが作成されていること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー) > [Rules] (ルール) > [Parser] (パーサー)と展開します。
  2. 変更の必要なルールセットを右クリックして、コンテキストメニューから[Open] (開く)を選択します。
    [Parser Rule Settings] (パーサールール設定)ビューに選択されたルールセットが開きます。
  3. [Parser Rule Metadata] (パーサールールメタデータ)ビューから、該当のフィールドに目的のテキストを入力して、現在のルールセットに関する情報を変更します。
    必要に応じて、変更するルールセットのカスタマイズステータスを[Status] (ステータス)フィールドで選択します。さまざまなステータス設定の詳細は、ステータス管理をご覧ください。
  4. [Parser Rule] (パーサールール)ビューから、現在のルールセットの個々のルールを変更します。

    [Parser Rule] (パーサールール)エリアの[Parser Rules] (パーサールール)テーブルの下にドックされているツールバーを使用して、ルールを変更することもできます。

    [Buttons] (ボタン) 目的
    1つのルールをルールセットに追加するには、このボタンをクリックします。必要に応じてルールをいくつでも追加できます。
    選択したルールをルールセットから削除するには、このボタンをクリックします。
    [Parser Rules] (パーサールール)テーブルで上または下に移動させるルールを選択し、このいずれかのボタンをクリックして移動させます。
    選択したルールをコピーするには、このボタンをクリックします。
    [Parser Rules] (パーサールール)テーブルからルールをコピーした後にこのボタンをクリックすると、同じテーブルのルールリストの最後にこのルールを貼り付けることができます。
    いずれかのエリアを非表示または表示するには、そのエリアのタイトルをクリックします。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。