メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

分析フォルダーから一致分析を定義

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Data Profiling] (データプロファイリング)を展開します。
  2. [Analysis] (分析)フォルダーを右クリックし、[New Analysis] (新しい分析)を選択します。
    [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューのスクリーンショット。
    [Create New Analysis] (新しい分析を作成)ウィザードが開きます。
  3. フィルターフィールドにmatchの最初の数文字を入力し、[Match Analysis] (一致分析)を選択して[Next] (次へ)をクリックし、ウィザードを開きます。
    [Create New Analysis] (新しい分析を作成)ウィザードのスクリーンショット。
  4. 分析名とメタデータを設定して[Next] (次へ)をクリックします。
    情報メモ重要:

    ~ ! ` # ^ * & \\ / ? : ; \ , . ( ) ¥ ' " " " < > といった特殊文字は項目名に使用しないでください。

    ファイルシステムでは、これらの文字はすべて"_"に置き換えられ、重複する項目が作成されてしまう場合があります。

    分析名がmatching_names、説明がanalyzing duplicates in the name columns、ステータスがdevelopmentである[New Analysis] (新しい分析)ダイアログボックスのスクリーンショット。
  5. 一致させるカラムがデータベース内か区切り付きファイル内かに応じて、[DB connections] (データベース接続)または[FileDelimited connections] (区切り付きファイル接続)を展開します。
    [New Analysis] (新しい分析)ダイアログボックスのスクリーンショット。
  6. 一致させるカラムを参照し、[Finish] (終了)をクリックします。
    選択するカラムは同じテーブル内に属している必要があります。現在、一致分析は異なるテーブル内のカラムに対して機能しません。
    一致分析エディターが開き、選択されたカラムがリスト表示されます。
    [Match Analysis] (一致分析)エディターのスクリーンショット。
    一致させるテーブルまたはカラムから開始して一致分析を定義することもできます。詳細は、メタデータフォルダーから一致分析を定義 (英語のみ)をご覧ください。
  7. 一致分析エディター内のパラメーターを必要に応じて変更します。
    詳細は、一致分析を設定 (英語のみ)をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。